掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

任意波形発生装置

機器番号 98
機器分類 電気・電子測定機器
メーカー名 ウェーブテック・デイトロン
型番等 195
装置概要 195型は、標準関数波形に加えてユーザ定義波形を出力できる信号発生器です。サイン波、矩形波は16MHzまで、ユーザ定義波形は100mS/s~40MS/sで作成・出力できます。パソコン(任意波形作成ソフト:ARB-SOFT)からシリアル(RS232C)により195型に波形データを入力。出力されたアナログ信号をアンプ(BOP50-8M)で増幅可能。
主な仕様

コネクタ:BNC(50Ω)

周波数範囲:0.1mHz~16MHz(sin波)、1mHz~16MHz(矩形波)、DCオフセット

任意波形:サンプルクロック 0.1S/s~40MS/s、メモリ長 64K/ch、電圧分解能 12bit

出力電圧:max±10v(195型のみ)、max±50v(BOP使用)

動作モード:連続、トリガ、ゲート、バースト、スイープ

研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。利用方法の詳細は担当にご相談ください

使用料(1時間当たり) 70円
装置写真 機器の写真

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?