掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

ロジックアナライザ

機器番号 97
機器分類 電気・電子測定機器
メーカー名 日本テクトロニクス株式会社
型番等 TLA622
装置概要 TLA622は、全チャンネル500ps時間分解能の高性能とWindowsベースかつノブ・コントロールの操作性を実現した汎用ロジックアナライザです。タイミング解析を中心としたハードウェア・デバッグ、ステート解析、ハードウェア&ソフトウェア統合解析が行えます。PCプラットフォームの特長を生かして各種デバッガを搭載してCPUを制御しながらの組み込みソフトウェア・デバッグなど、1台でデジタル機器開発の様々なデバッグ・ステージをサポートします。
主な仕様

チャンネル数:68

汎用タイミンク゛:500MHz、@ハーフch

高速タイミンク゛:2GHz

メモリ長:1Mbit/ch

ステート解析:200MHz

研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。利用方法の詳細は担当にご相談ください

使用料(1時間当たり) 100円
装置写真 機器の写真

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?