トップページ > 機器利用 > 機器一覧 > 電気・電子測定機器 > マイクロ波ネットワークアナライザ測定システム

 

掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

マイクロ波ネットワークアナライザ測定システム

機器番号 507
機器分類 電気・電子測定機器
メーカー名 アジレント・テクノロジー株式会社 カスケードマイクロテック株式会社 他
型番等 N5244A M150 他
装置概要 Sパラメータ測定、タイムドメイン測定、ミキサ、コンバータ測定、利得圧縮測定、相互変調歪み測定、高調波測定、真の差動測定、プローバによるコネクタレス測定、材料定数測定、電波吸収シールド測定、近傍界測定(IEC62333)
主な仕様

周波数範囲:10MHz~43.5GHz

出力パワー範囲:-90dBm~+10dBm(at 20GHz)
ダイナミックレンジ:123dB(最大)

テストポート:4ポート2信号源
コネクタ:2.92mm、3.5mm、N型(N型のみ75Ω対応可)
高周波プローブ:針先構造GSG250μmピッチ、DUT最大サイズ6インチ(150mm)以内

研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。利用方法の詳細は担当にご相談ください

使用料(1時間当たり) 3,080円
備考 試験記録は電子データでの出力のため、必要に応じ記録メディア(中にデータ等が入っていないもの)を持参してください。
装置写真 機器の写真

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?