トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 難病対策 > 埼玉県難病医療ネットワーク体制

ページ番号:148414

掲載日:2022年2月4日

ここから本文です。

埼玉県難病医療ネットワーク体制

 埼玉県では、難病について、早期の正しい診断、良質かつ適切な医療の確保及び良質な療養生活の確保等を図るため、県の中核となる医療機関を整備し、県内の医療機関等のネットワークを形成しています。また、在宅で療養する重症難病患者(神経難病患者等)さんが、居宅での療養が極めて困難な状態となった場合等に、適時、適切な入院施設の確保が行えるよう県内の医療機関等のネットワークを形成しています。

埼玉県難病医療連絡協議会

地域の実情に応じた難病の医療提供体制の検討・協議等を行うため、埼玉県難病医療連絡協議会(以下「協議会」という。)を設置し、次の事業を行っています。
 (1)患者の入院施設確保に関する医療機関等との連絡調整
 (2)患者の受け入れ医療機関の把握、紹介及び連絡調整
 (3)入院に関する患者等からの各種相談
 (4)難病医療に携わる医療関係者等に対する研修
 (5)難病医療に関する調査・研究
 (6)保健所が行う難病関連事業に対する支援・協力
 (7)新たな難病の医療提供体制の構築に向け、検討を行うこと
 (8)その他難病対策の推進、難病診療ネットワーク体制に関すること

⇒ 埼玉県難病医療連絡協議会の事業の内容

難病診療連携拠点病院・難病診療分野別拠点病院

1 難病診療連携拠点病院

  早期に正しい診断のできる難病診療連携拠点病院として、埼玉医科大学病院、埼玉医科大学総合医療センター、自治医科大学附属さいたま医療センター、獨協医科大学埼玉医療センターの4医療機関を指定しています。

  各医療機関の担当エリアは、別紙(PDF:191KB)のとおりです。

 

  各難病診療連携拠点病院には、難病診療連携コーディネーターが配置され、かかりつけ医や患者からの診療連携等の相談に応じることで、診断の難しい難病の早期診断を図っています。難病診療連携コーディネーターの役割は以下の通りです。

(1)かかりつけ医からの相談受付

(2)難病患者の受け入れ調整

(3)難病診療連携拠点病院においても診断が困難な事例について情報収集(国の難病支援ネットワーク等と連携)

(4)確定診断後の患者相談

(5)かかりつけ医を対象にした研修会や症例検討会を開催し、連携を強化

 

  各医療機関の体制及び診断と治療ができる指定難病の疾患名は、以下の医療機関名をクリックすると確認できます。

  ・埼玉医科大学病院(毛呂山町)(PDF:678KB)

  ・埼玉医科大学総合医療センター(川越市)(PDF:681KB)

  ・自治医科大学附属さいたま医療センター(さいたま市)(PDF:692KB)

  ・獨協医科大学埼玉医療センター(越谷市)(PDF:674KB)

  ※難病診療連携拠点病院への受診にあたっては、まずは、かかりつけ医に御相談ください。

2 難病診療分野別拠点病院

  専門領域の診断と治療を提供し、初診から診断に至るまでの期間をできるだけ短縮するように必要な医療を提供する医療機関を、難病診療分野別拠点病院として以下の通り指定しています。

  難病診療分野別拠点病院(1機関)(PDF:35KB)

講演会について

「埼玉県難病医療連絡協議会事業」に基づき、在宅医療支援施設に従事する関係者等を対象にした講演会を開催いたします。

   テーマ :「今ふたたび神経難病の在宅人工呼吸療法を考える」

   日時:令和3年11月9日(火曜日)午後3時から 

  ・Zoomウェビナーによるオンライン講演会となります。(当日午後2時30分以降アクセス可能)
  ・講演会の詳細や参加方法は下記のリンクをご覧ください(PDFファイルが開きます)。
      講演会の詳細・参加方法(PDF:394KB) 
  

※今年度は終了しました。当日はたくさんの方々にご視聴いただきまして誠にありがとうございました。

 

埼玉県難病医療提供体制整備事業実施要綱

埼玉県難病医療整備事業実施要綱は別添(PDF:150KB)のとおりです。

 

 

お問い合わせ

保健医療部 疾病対策課 指定難病対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?