トップページ > 彩の国統計情報館 > 統計ア・ラ・カルト > 統計ア・ラ・カルト第165号「中学校・高校卒業者の進路状況~令和2年度学校基本調査結果(確報)~」<2021年2月号>

ページ番号:190520

掲載日:2021年2月4日

ここから本文です。

統計ア・ラ・カルト第165号「中学校・高校卒業者の進路状況~令和2年度学校基本調査結果(確報)~」<2021年2月号>

学校基本調査は、文部科学省が都道府県を通して、すべての学校に対し毎年実施している調査です。
このたび、令和2年3月に卒業した生徒の進路状況(中学校・高校)について、結果をとりまとめました。

【中学校】高校等進学率 99.1%  過去最高(前年と同率)

 令和2年3月に県内の中学校を卒業した生徒の高等学校等への進学率は、過去最高だった前年と同率の99.1%(男子99.0% 女子99.1%)でした。
 卒業者に占める就職者の割合も、過去最低だった前年と同率の0.1%(男子0.2% 女子0.0%)となりました。
 進学状況を進学先別にみると、全日制高校には前年より1,291人減の57,477人(6年連続の減少)、一方、定時制高校には80人増の1,142人(3年ぶり増加)、通信制高校には191人増の2,578人(6年連続の増加)が進学しました。

中学校卒業者の進学率の推移

中学校卒業者の就職率の推移

【高校】大学等進学率 58.5%  男女別とも過去最高

 令和2年3月に県内の高等学校(通信制高校を除く)を卒業した生徒の大学・短期大学等への進学率は、前年より1.1ポイント上昇の58.5%と、調査開始以来過去最高となりました(男女別とも過去最高)。一方、卒業者に占める就職者の割合は13.2%と、4年連続で低下となっています。
 卒業生は、前年より349人減の56,643人で、そのうち、33,130人が大学等に進学。進学先別でみると、大学は30,715人で3年連続増加、短期大学は2,286人と6年連続の減少となりました。
 このほか、専修学校(専門課程)進学者は10,384人と3年連続で増加し、専修学校(専門課程)進学率は18.3%となっています。

高等学校卒業者の進路状況の推移

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?