トップページ > 彩の国統計情報館 > 統計ア・ラ・カルト > 統計ア・ラ・カルト第166号「平成27年(2015年)埼玉県産業連関表~県際交流の盛んな産業は?~」<2021年3月号>

ページ番号:195883

掲載日:2021年3月24日

ここから本文です。

統計ア・ラ・カルト第166号「平成27年(2015年)埼玉県産業連関表~県際交流の盛んな産業は?~」<2021年3月号>

 平成27年埼玉県産業連関表を取りまとめました。

 産業連関表は、県内における1年間の財・サービスの流れを、産業相互間及び産業・最終消費者間の取引として一つの表にまとめたものです。

産業連関表

〇表の最下段の県内生産額をみると、埼玉県の平成27年の県内生産額は、40兆4720億円です。うち、第2次産業の県内生産額は、14兆6320億円です。
〇第2次産業を縦方向に見ると、生産のための費用内訳が分かります。第1次産業から2320億円、第2次産業から6兆4350億円、第3次産業から2兆5720億円の原材料やサービスを購入し、5兆3930億円の粗付加価値(雇用者所得、営業余剰など)を生み出しています。
〇表を横方向にみると販路構成が分かります。第2次産業は、第1次産業へ480億円、第2次産業へ6兆4350億円、第3次産業へ2兆1210億円を原材料などの中間財(中間需要)として販売し、消費と投資へは6兆980億円を販売しています。県外及び国外へは、10兆1580億円を移輸出しています。

〇中間需要に消費及び投資を足した額を県内需要といい、移輸出を県外需要といいます。県内需要には、県内産のものと県外産のものが含まれています。県外産は、移輸入です。移輸入額を県内需要で割ると、県外産がどれくらいの比率なのかが分かります。これを移輸入率といいます。第2次産業は、10兆2280億円÷14兆7020億円=0.6957   約70%が県外産です。
〇県外需要(移輸出)は、県内産のもので賄われています。県内生産額が県内産ですから、移輸出額を県内生産額で割ると、どれくらい県外へ移輸出されたのか、その比率が分かります。これを移輸出率といいます。第2次産業は、10兆1580億円÷14兆6320億円=0.6942   約70%が県外へ、流出しています。

〇製造業における県際取引

 埼玉県産業連関表を利用して、製造業の業種ごとの移輸入率移輸出率を計算し、その特徴を分析してみましょう。

製造業の県際取引

 製造業のすべての業種において、県際取引が盛んなことが分かります。特に、情報通信機器は、移輸入率が95.6%、移輸出率が95.5%と、流出も流入も高い比率を示しています。

お問い合わせ

総務部 統計課 経済分析担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-4104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?