Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 彩の国統計情報館 > 統計ア・ラ・カルト > 統計ア・ラ・カルト第151号「平成30年住宅・土地統計調査結果」<2019年12月号>

  • 彩の国統計情報館トップページ

ここから本文です。

 

掲載日:2019年12月18日

統計ア・ラ・カルト第151号「平成30年住宅・土地統計調査結果」<2019年12月号>

住宅・土地統計調査は建物・土地・世帯等の状況を調べることで、住生活関連諸施策の資料を得ることを目的とした調査です。昭和23年から5年ごとに行われ、今回の調査は15回目にあたります。以下に結果の概要を示します。

1 県内総住宅数は3.6%の増

県内住宅数は上昇を続けています。平成30年時点では338万戸と、20年前と比べて約1.3倍になっています。
都道府県別では、東京都・大阪府・神奈川県・愛知県に次ぐ全国第5位の住宅数となっています。

図1 県内総住宅数と増加率の推移

県内空き家率は0.7ポイント減

県内空き家数は増加傾向にありましたが、今回調査では減少に転じました。空き家数は平成30年時点で34万6千戸、空き家率は10.2%となっています。
埼玉県は、今回調査では都道府県別で最も空き家率の低い県となりました。

図2 空き家数及び空き家率の推移

防火含む木造建築は減少傾向

県内住宅の木造/非木造建築の構成比は、平成30年時点で木造建築が59.6%、非木造建築が40.4%となっています。
全国的に住宅の非木造化が進んでおり、埼玉県においても非木造化が進行する傾向にあります。

151-zu3-2

お問い合わせ

総務部 統計課 人口統計担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?