トップページ > 依頼試験 > 試験項目一覧 > 機器分析 > 熱分析装置による分析

ページ番号:143133

掲載日:2019年10月1日

目的別ご案内

お客様の目的に応じた支援メニューをご案内します。

初めての方はこちらから

お問い合わせ

こんな課題がある、こんなことで困っている、などありませんか?

お問い合わせはこちらから

ここから本文です。

熱分析装置による分析

北部研究所でも熱分析装置による分析が可能になりました。ぜひご利用ください。

本所(川口市)

大分類/中分類 分析/機器分析
試験の内容 プラスチック、金属、有機物の熱重量測定(TG)、示差熱分析(DTA)、示差走査熱量測定(DSC)、を行い、融解、酸化、分解等の現象を観測する。また、金属、プラスチックの熱機械分析(TMA)も行え、線膨張率等を測定する。
成績書の内容 測定チャートまたは分析値
試料持ち込み時の注意

TG、DTA、DSCでは、数gの試料で分析できます。

TMAでは、試験内容により対応可能なサンプル形状が異なります。

その他の注意 試料により分析できないことがあります。詳しくは、担当者と相談してください。
単位 1試料1測定
金額
※温度により変動
室温から450℃までの温度:3,880円
室温から1350℃までの温度:15,400円
-100℃から室温までの温度:17,400円

北部研究所(熊谷市)

大分類/中分類 分析/機器分析
試験の内容 食品、有機物等の熱重量測定(TG)、示差熱分析(DTA)、示差走査熱量測定(DSC)を行い、材料の温度変化による重量変化や吸発熱を測定します。測定範囲は室温以上からとなります。
成績書の内容 測定チャートまたは分析値
試料持ち込み時の注意 TG、DTA、DSCでは数gの試料で分析できます。
その他の注意 試料により分析できないことがあります。詳しくは、担当者と相談してください。
単位 1試料1測定
金額
※温度により変動

室温から450℃までの温度:3,880円
450℃を超える温度:15,400円(上限温度は別途お問い合せください)

※詳しい試験内容や試料、測定条件等については、ご相談・お問い合わせください。
※試料を加工、採取する前に、一度お問い合わせください。

試験のご利用方法

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?