彩の国 埼玉県

閉じる

ここから本文です。

ページ番号:159091

掲載日:2020年6月15日

ヨーロッパ野菜

シェフが惚れ込む本場の野菜

ヨーロッパ野菜 

特徴

ヨーロッパ野菜は、主に海外で栽培され日本に輸入される野菜です。

さいたま市の若手農家が、地元のシェフたちから「ヨーロッパ野菜がなかなか手に入らない」という要望を受けて、平成25年春に種苗会社やさいたま市内の飲食店、卸会社が協力し、「ヨーロッパ野菜研究会」(ヨロ研)を発足してヨーロッパ野菜の栽培が始まりました。

高温多湿に弱いヨーロッパ野菜を、日本向けに品種改良し、様々な苦難を乗り越えた結果、現在では13戸の農家が年間約70種類のヨーロッパ野菜を栽培しています。

色鮮やかなヨーロッパ野菜は、県内外の1200軒を超えるレストランのほか、さいたま市内の小中学校の給食などでも使用されています。

 

出荷時期

出荷カレンダー「ヨーロッパ野菜」

主な産地

 

生産地マップ(ヨーロッパ野菜)

食べられる場所・買える場所

買える場所

食べられる場所

 

関連リンク

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?