ページ番号:16888

掲載日:2021年2月2日

ここから本文です。

梨(彩玉)

「彩玉」は、埼玉県が育成したオリジナル品種です。

幸水、彩玉、豊水の写真

昭和59年に「新高(にいたか)」に「豊水(ほうすい)」を交配し、選抜を重ねて育成した新品種で、平成17年2月に農林水産省に品種登録されました。
幸水と豊水の中間の8月下旬から9月上旬に収穫され、糖度は13~14度、酸味が少なくジューシーで美味しい梨で、平均果重は約550gと大玉です。
平成14年春から県内生産者に接ぎ木用穂木等の配布を開始し、平成16年に試験販売を実施し、平成17年から県内で一般販売を開始しています。

また、さいたま農業協同組合では、上尾市、伊奈町で生産し、一定の栽培及び品質基準を満たした彩玉の果実を「黄金の雫」と名付け、販売しています。

彩玉のできるまで

摘蕾・摘果

摘蕾する前の写真

 

摘蕾した後の写真

 

開花による貯蔵養分の浪費を防ぐため、着果させない花(蕾)を除去します。写真は、孫(子)花と呼ばれる本来「葉」になるべき花(着果させても形がくずれやすく、品質もよくない)を開花前に除去する様子です。

開花

つぼみの写真

開花した写真

4月上旬から開花が始まり、約10日間で終わります。彩玉の開花は、「新高」と「豊水」の間と、やや早めの開花です。

花摘み(人工受粉の準備)

花摘みをしている写真

花摘みされた花の写真

「彩玉」は、自分の花粉では受粉しない「自家不和合性」の品種のため、異なった品種(写真は「新興」)の花粉を集めて人工受粉を行います。集めた花は、花弁や子房など不要な部分を取り除いて、花粉だけにして利用します。

人工受粉

人工授粉している写真

梨の果実は種子が多く入るほど、美味しく、大きくなります。

開花時期が4月上旬と早いため、昆虫による受粉では結実が不安定なため、昔から人工授粉が行われています。

どの花に受粉したかが分かるように花粉に「石松子」を混ぜて、花に赤い印が着くようにする生産者も多くいます。

最近は、花粉を溶媒と混ぜ、スプレーを使って受粉する「溶液受粉」など新しい技術も開発されています。

摘果

摘果前の写真

摘果している写真

摘果後の写真

大きくて美味しい「彩玉」ができるように、果実の数を制限します。生育途中で軸が折れたり、形の悪い梨にならないように注意して残す果実を選びます。10aに8000果程度の着果となるよう摘果します。

新梢管理

不必要に枝葉が多くなると、陽当たりが悪くなり、果実品質が劣るようになります。そのため、必要な枝は強く、不要な枝は利用できる花芽などにするように、切除や誘引を行います。 

花芽となるように新梢管理前の写真  花芽になるように新梢管理後の写真 側枝の基部から発生した枝は、葉を持たない芽の上で切り戻し、花芽となるようにします。
樹勢バランスを整える新梢管理の前の写真  樹勢バランスを整える新梢管理後の写真 側枝の先端は、1本にして樹勢バランスを整えるようにします。

生育中

生育中の彩玉の写真

生育中のたくさんの彩玉の写真

棚の下に、木漏れ日が差すくらいに枝葉の管理をして、果実の成熟を待ちます。

収穫

収穫前の彩玉の写真

収穫作業の写真

収穫後はコンテナに入れている写真

果実の温度が上がらないよう、朝早くから収穫を開始します。

選果・出荷

梨の選果所の写真

収穫された彩玉の写真

梨の選果所内で箱詰めされた彩玉の写真

梨の出荷箱の写真

大きさや品質で区分して、箱詰めにして出荷します。写真は、伊奈町の伊奈梨出荷組合の梨選果所です。

お問い合わせ

農林部 さいたま農林振興センター 地域支援担当

郵便番号330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和五丁目6番5号 埼玉県浦和合同庁舎2階

ファックス:048-832-5769

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?