ページ番号:4636

掲載日:2021年3月11日

ここから本文です。

西部地域の農業の概要

朝霞市、志木市、和光市、新座市

 東京との県境に位置し、南部地域と同様都市化が進んだ地域ですが、畑作が盛んな地域でもあり、ほうれんそう、にんじん、だいこん、キャベツ、さといもなどが生産されています。

 にんじんは県内の主要な産地であり、野菜指定産地(※)の指定を受けています。

 果樹では、観光ぶどう園が好評を博しています。

 志木市は、荒川沿いに水田が広がり、コシヒカリの早場米産地となっています。食味の良さも好評です。

 近年、都市地域の条件をいかした直売所や観光農園、体験型市民農園等が人気を博しています。

※野菜指定産地:野菜(品目別)の生産、出荷の近代化を計画的に進め、その価格の安定を図るために集団産地として育成していく必要があると認められ、農林水産大臣が指定した産地。全国で893産地、埼玉県で21産地が指定されています(令和元年5月現在)。

にんじん選別作業の写真
にんじん選別作業
体験型市民農園の写真
体験型市民農園風景(新座市)
観光ぶどう園の写真
観光ぶどう園(新座市)

お問い合わせ

農林部 さいたま農林振興センター 地域支援担当

郵便番号330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和五丁目6番5号 埼玉県浦和合同庁舎2階

ファックス:048-832-5769

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?