ページ番号:4631

掲載日:2021年2月2日

ここから本文です。

中部地域(さいたま市)の農業の概要

 さいたま市東部の綾瀬川・元荒川流域では主に水稲が作付けられ、その周辺はこまつなや山東な等の施設野菜の栽培が盛んです。

 また、お正月料理に使われるくわいも特産品として生産され、全国でも有数の産地となっています。

 西部の荒川流域は、県内でも有数の早場米の産地です。例年、8月お盆過ぎには刈り取りが始まり、時期の早さでは県内で1,2位を争います。

 北西部の大宮台地では、梨、ぶどうなどの果樹や野菜が作付けられています。

 中央部に位置する見沼田んぼ地域では、植木や苗木類、野菜が生産されているほか、ブルーベリー、ぶどうなどの観光農園が点在し、人気を博しています。

 さいたま市は県内でも有数の野菜の産地で、こまつなとさつまいもの生産が盛んです。さつまいもの一品種である紅赤は、さいたま市(旧浦和市)が発祥の地です。

 また、チコリや木の芽など特徴的な野菜の産地でもあります。

 その他、首都圏という大消費地に隣接していることをいかし、市内に約30か所の農産物直売所があり、新鮮な農産物が買えると好評です。

くわいの写真
くわい
こまつなハウスの写真
こまつなのハウス栽培
見沼植木畑の写真
見沼田んぼの苗木

お問い合わせ

農林部 さいたま農林振興センター 地域支援担当

郵便番号330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和五丁目6番5号 埼玉県浦和合同庁舎2階

ファックス:048-832-5769

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?