ページ番号:213922

掲載日:2022年3月25日

ここから本文です。

春の花めぐりーカタクリの花としだれ桜ー

3月も終わりを迎えました。暖かい日や寒い日を繰り返しながら少しずつ毎日春に近づいています。桜のつぼみもふくらみ、開花したものも見られるようになりました。

神川町の飯盛山(上阿久原)から神流川水辺公園(渡良瀬)、瑞巌寺(八日市)、本庄市の小山川沿いにあるこだま千本桜を回ってみました。写真は3月23日現在の様子です。
詳しい情報は神川町観光協会(別ウィンドウで開きます)本庄市観光協会(別ウィンドウで開きます)のホームページをご覧ください。

 飯盛山のカタクリの花としだれ桜(神川町)

かたくり

山の斜面に見事なカタクリの花の群生が見られます。この景色は地元の有志の方や企業、小学生の協力によって作られたそうです。
詳しくは神川町観光協会のカタクリの里(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

かたくり群生

群生地には遊歩道が整備されており、毎年3月下旬から4月上旬にかけて赤みがかった紫色の可憐な花を見ることができます。
カタクリは種子で繁殖しますが、発芽から開花までなんと8,9年ほどかかるそうです。かつては球根から片栗粉が作られていました。
(現在の片栗粉は主にジャガイモなどから抽出したデンプンです。)

ふきのとう

ふきのとうの姿も見られました。

かたくり2

花びらの形が個性的です。

飯盛山桜

カタクリの里は、「飯盛山しだれ桜・カタクリの会」という地元の有志の皆さんにより保護・育成されています。紫ののぼり旗が目印です。是非マナーを守って鑑賞してください。

神流川水辺公園

秩父山系を源流とする神流川は群馬県と埼玉県の県境の川です。神流川のほとりにある水辺公園に令和4年3月大型遊具が設置されました。隣接して駐車場も整備されています。

大型遊具

川をイメージしたきれいなブルーのデザイン

公園

桜がたくさん植えられています。満開になるときれいですね。

神流川

水辺公園の名前のとおりすぐ近くに神流川があります。対岸はお隣の群馬県。

有氏神社境内

近くには武蔵七党児玉党の祖 有道維行(ありみち これゆき)を祀るといわれている有氏神社があります。
11月に行われる盤台祭り(はだか祭り)(別ウィンドウで開きます)が県指定無形民俗文化財になっています。

有氏神社

こちらは桜が咲き始めていました。

 瑞巌寺(ずいがんじ)のしだれ桜(神川町)

春待桜

春待桜 樹齢約300年

しだれ桜

しだれ桜大

まるで空から降るようなしだれ桜

しだれ桜全景

夜間はライトアップも始まったようです。

こだま千本桜(本庄市)

左

本庄市児玉町の小山川両岸5キロメートルにわたり、約1,100本の本の桜が植えられています。
令和4年4月3日の日曜日には「こだま千本桜まつり(JPG:239KB)」が開催されます。

右

つぼみ

3月23日現在まだつぼみの状態です。開花はもうすぐです。

 


 

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター 本庄事務所 地域振興・産業労働担当

郵便番号367-0026 埼玉県本庄市朝日町一丁目4番6号 埼玉県本庄地方庁舎1階

ファックス:0495-22-6500

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?