Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 道路 > 震災対策 > 緊急輸送道路にある橋りょうの耐震補強

ここから本文です。

 

掲載日:2017年7月28日

緊急輸送道路にある橋りょうの耐震補強

県では、橋りょうの耐震補強を行い、地震に強い道路づくりを進めています。

阪神淡路大震災では昭和55年より前の基準で建設された橋りょうに甚大な被害が発生しました。

このため、県では同じ基準で建設された橋りょうを対象に橋脚の補強や橋桁の落下を防止する耐震補強工事を進めています。

このうち、倒壊すると社会的影響が大きい鉄道や道路を跨ぐ橋りょうや、大規模な地震等の災害が発生した場合に救命活動や物資輸送など重要な役割を担う緊急輸送道路にある橋りょうの耐震補強を優先して実施しました。

引き続き、緊急輸送道路以外の橋りょうの耐震補強を実施し、県内全体の道路の耐震対策を進めていきます。

橋りょうの耐震補強の進捗率 平成28年度末 203橋/302橋(67%)

橋りょうの耐震補強の事例

橋げたの補強実施前実施後

橋脚のコンクリート巻立てによる補強

⇒橋脚の変形、倒壊の防止

PCケーブルによる連結補強

PCケーブルによる橋桁どうしの連結

⇒橋桁の落下を防止

緩衝チェーンによる連結

緩衝チェーンによる橋桁と橋台・橋脚との連結

⇒橋桁の落下を防止

縁端の拡幅

縁端拡幅による桁かかり長の余裕確保

⇒橋桁の落下を防止

お問い合わせ

県土整備部 道路環境課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

電話:048-830-5095

ファックス:048-830-1942

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?