ここから本文です。

茶業研究所

管轄区域

茶業研究所

全域

研究所について

お茶について

成果情報 

 

秋に向けての茶園管理

9月上旬までに窒素成分で18kg/10aの秋肥をまきます。

有機配合肥料がおすすめです。

10月下旬以降、平均気温が18℃より下がってきたら秋整枝を行います。

翌春摘採面から10~15cm葉層を残しましょう。

 

病害虫発生状況(病害虫防除所へのリンク)

フェロモントラップ等調査データ(別ウィンドウで開きます)

(チャハマキ、チャノコカクモンハマキ、チャノホソガ)

病害虫発生予察報 予報(別ウィンドウで開きます)

茶園風景一番茶新芽

摘採仕上げ茶

お問い合わせ

農林部 茶業研究所  

ファックス:04-2936-2891

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?