環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究員紹介 > 米倉 哲志 よねくら てつし

ここから本文です。

 

掲載日:2020年5月20日

米倉 哲志 よねくら てつし

所属・職名

自然環境担当 主任研究員

専門学問分野 

植物生理生態学、環境科学

 関心のある研究テーマ

環境科学全般

学位

博士(農学)

経歴

2002年 東京農工大学大学院連合農学研究科 修了

2002年~2005年 埼玉県環境科学国際センター 任期付特別研究員 

2005年 日本学術振興会特別研究員

2005年~ 埼玉県環境科学国際センター 研究員

 所属学会

大気環境学会、日本農業気象学会、日本作物学会、日本森林学会、日本生態学会

 センターにおける調査・研究

自主研究事業

  • 埼玉県の主要水稲品種に対する葉のオゾン吸収量に基づいたオゾンリスク評価(2017年度~)
  • 光化学オキシダントと高濃度CO2が埼玉県の水稲等に及ぼす単独及び複合的な影響の評価(2014~2016年度)
  • 熱中症予防対策のための簡易な大気熱環境指標の検討(2010~2011年度)
  • 植物保護のための光化学オキシダント(オゾン)環境基準の提言に向けた基礎的研究(2007~2009年度)

外部競争的資金による研究

  • 水稲の収量に対するオゾンリスク評価とオゾン感受性の品種間差異に関する研究(代表/科研費基盤C/2017~2019年)
  • 高濃度二酸化炭素環境下におけるオゾンが水稲に及ぼす影響とその品種間差の要因解明(代表/科研費基盤C/2016~2014年)
  • 温暖化影響評価適応政策に関する総合的研究(分担/地球環境研究総合推進費/2010~2015年) 
  • 光干渉法による極短時間植物ナノ動態計測に基づく光化学オキシダントの作物影響評価法(分担/研費基盤B/2010~2012年)
  • 大規模ヒートアイランドの進化とミクロマクロ気候変化の相互作用に関する研究(分担/研費基盤A/2010~2012年)
  • 気温とオゾン濃度上昇が水稲の生産性におよぼす複合影響評価と適応方策に関する研究(分担/地球環境研究総合推進費/2008~2010年) 

外部機関との共同研究

  • 埼玉県農業技術研究センター.オゾンによる収量低下の少ないイネの開発(2017~2022年)

 研究業績

査読付き原著論文

  • Tani A., Ohno T., Ito S., Yonekura T., Miwa M. (2017). Effects of ozone on isoprene emission from two major Quercus species native to East Asia. Journal of Agricultural Meteorology, 73: 195-202.
  • Mochizuki T., Saito T., Hirai G., Miwa M., Yonekura T., Tani A. (2015). Development of a reliable method to determine monoterpene emission rate of plants grown in an open-top chamber. Journal of Agricultural Meteorology, 71: 271-275
  • Masutomi, Y., Arakawa, M., Minoda, T., Yonekura, T., Shimada, T. (2015) Critical air temperature and sensitivity of the incidence of chalky rice kernels for the rice cultivar “Sai-no-kagayaki” Agricultural and Forest Meteorology, 203: 11-16
  • Thilakarathne B.L.S, Rajagopalan U.M., Kadono H. and Yonekura T. High speed and high precision optical interferometric technique to investigate instantaneous growth related changes of plant leaves. Plant biotechnology, 31: 195-204 (2014)
  • Thilakarathne B.L.S, Rajagopalan U.M., Kadono H. and Yonekura T. An optical interferometric technique for assessing ozone induced damage and recovery under cumulative exposures for a Japanese rice cultivar. SpringerPlus, 3: 89 (2014)
  • Kohno Y., Matsumura H., Miwa M., Yonekura T., Aihara K., Umponstira C., Le V.T., Ngoc N.T., Viet P.H. and Wei M. (2013) Indirect prediction of surface ozone concentration by plant growth responses in East Asia using mini-open top chambers. Environmental Monitoring and Assessment, 185: 2755–2765
  • 河野吉久、米倉哲志.可搬型小型オープントップチャンバーシステムの開発.大気環境学会誌、47: 186-193. (2012)
  • 米倉哲志, 河野吉久. (2011) オゾン濃度上昇が水稲の生産性に及ぼす影響. 関東の農業気象, 37: 10-13
  • 米倉哲志、竹内庸夫.(2011) 埼玉県における大気中亜酸化窒素濃度の経年変化と季節変動.大気環境学会, 46: 196-200
  • Shimada T., Ogawa K., Miwa M., Yonekura T. Estimate of Carbon Pool and Carbon-Dioxide Emissions Reduction Ability of Saitama Prefecture. Journal of Environmental Laboratories Association, 34(2): 119-124 (2009) (in Japanese)
  • Arzate, A., Miwa, M., Shimada, T., Yonekura, T. and Ogawa, K. In vitro propagation of Miyamasukashi-yuri (Lilium maculatum Thumb. Var. bukosanense), an endangered plant species. Revista Fitotecina Mexicana, 30(4): 373-379 (2007)
  • Yonekura T., Shimada, T. , Miwa, M. , Arzate, A., T. , Ogawa, K. Impacts of tropospheric ozone on growth and yield of rice (Oryza sativa L.). Journal of Agricultural Meteorology, 60(5): 1045-1048. (2005)
  • Nakaji, T., Yonekura, T., Kuroha, M., Takenaga, S. and Izuta, T.   Growth, annual ring structure and nutrient status of Japanese red pine and Japanese cedar seedlings after three years of excessive N load. Phyton , 45(4): 457-464 (2005)
  • Matsumura, H., Mikami, C., Sakai, Y., Murayama, K., Izuta, T., Yonekura, T., Miwa, M. and Kohno, Y. Impacts of elevated O3 and/or CO2 on growth of Betula platyphylla, Betula ermanii, Fagus crenata, Pinus densiflora and Cryptomeria japonica seedlings. Journal of Agricultural Meteorology, 60(6): 1121-1124 (2005)
  • Arzate-Fernández, A., Miwa, M., Shimada, T. Yonekura, T. and Ogawa, K. Genetic diversity of Miyamasukashi-yuri (Lilium maculatum Thunb. Var. bukosanense), an endemic and endangered species at Mountain Buko, Saitama, Japan. Plant Species Biology, 20: 43-51 (2005)
  • Watanabe, M., Yonekura, T., Honda, Y., Yoshidome, M., Nakaji, T. and Izuta, T. Effects of ozone and soil water stress, singly and in combination, on leaf antioxidative systems of Fagus crenata seedlings. Journal of Agricultural Meteorology, 60(6): 1105-1108 (2005)
  • Nakaji, T., Kobayashi, T., Kuroha, M., Omori, K., Matsumoto, Y., Yonekura, T., Watanabe, K., Utriainen, J. and Izuta, T. Growth and nitrogen availability of red pine seedlings under high nitrogen load and elevated ozone. Water, Air and Soil Pollution Focus, 4: 277-287. (2004)
  • 小川和雄, 三輪 誠, 嶋田知英, 米倉哲志, 松本利恵, アマウリアルサテ. (2004) 秩父亜高山帯の樹木立ち枯れと環境要因.人間と環境, 30: 9-18.
  • Yonekura, T., Yoshidome, M., Watanabe, M., Honda, Y., Ogiwara, I. and Izuta, T. Carry-over effects of ozone and water stress on leaf phenological characteristics and bud frost hardiness of Fagus crenata seedlings. Trees, 18: 581-588. (2004) (in Japanese)
  • Izuta, T., Yamaoka, T., Nakaji, T., Yonekura, T., Yokoyama, M., Funada, R., Koike, T. and Totsuka, T. Growth, net photosynthesis and leaf nutrient status of Fagus crenata seedlings grown in brown forest soil acidified with H2SO4 or HNO3 solution. Trees, 18: 677-685. (2004)
  • 田村俊樹, 米倉哲志, 中路達郎, 清水英幸, 馮 延文, 伊豆田 猛. (2002) 前白根山周辺におけるダケカンバの生育状況、葉内成分および生育土壌に関する調査.大気環境学会誌, 37: 320-330. 
  • Izuta, T., Yamaoka, T., Nakaji, T., Yonekura, T., Yokoyama, M., Matsumura, H., Ishida, S., Yazaki, K., Funada, R. and Koike, T. Growth, net photosynthetic rate, nutrient status and secondary xylem anatomical characteristics of Fagus crenata seedlings grown in brown forest soil acidified with H2SO4 solution. Water, Air and Soil Pollution, 130: 1007-1012. (2001)
  • Yonekura, T., Honda, Y., Oksanen, E., Yoshidome, M., Watanabe, M., Funada, R., Koike, T. and Izuta, T. The influences of ozone and soil water stress, singly and in combination, on leaf gas exchange rates, leaf ultrastructural characteristics and annual ring width of Fagus crenata seedlings. Journal of Japan Society of Atmospheric Environment, 36: 333-352. (2001)
  • Yonekura, T., Dokiya, Y., Fukami, M. and Izuta, T. Effects of ozone and/or soil water stress on growth and photosynthesis of Fagus crenata seedlings. Water, Air and Soil Pollution, 130: 965-970. (2001)
  • 米倉哲志, 大嶋 香緒里, 服部 誠, 伊豆田 猛.(2000) ダイズの成長、収量、子実成分および発芽率に対するオゾンと土壌水分ストレスの単独および複合影響. 大気環境学会誌, 35: 36-50.

 総説・解説

  • 米倉哲志.農作物に対する光化学オキシダント(オゾン)の影響.(2016) 大気環境学会誌、51: A57-A66. 総説(入門講座)

書籍

  • Yonekura, T., Izuta, T. (2017) Effects of Ozone on Japanese agricultural crops. Air Pollution Impacts on Plants in East Asia. Izuta, T. (ed.), Springer.
  • 米倉哲志.(2006) 植物に対する水ストレスの影響. 植物と環境ストレス. 伊豆田 猛(編著).コロナ社. pp.145-167.

 センター報

  • 米倉哲志、松本利恵、嶋田知英、増冨祐司、米持真一、竹内庸夫.(2014)温熱環境指標WBGTの簡易推計と埼玉県をモデルとした熱中症予防のための情報発信手法の検討.埼玉県環境科学国際センター報 第13号  

 表彰等

第49回大気環境学会年会(2008)ベストポスター賞

 学会活動

大気環境学会植物分科会幹事(2011年~)

大気環境学会編集実務委員(2008~2012年、2016年~)

大気環境学会選挙管理委員(2014年~)

日本農業気象学会関東支部理事(2015年~)

 社会的貢献・活動

法政大学生命科学部 非常勤講師(2014年~)

University of Western Sydney 訪問研究員(2014年8~12月)

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?