ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月21日

茂木 守 もてぎ まもる

 所属・職名

研究推進室 副室長

専門学問(環境)分野

 環境化学

関心のある研究テーマ、 今後の抱負

 有害化学物質の環境動態に関する研究、環境中で生分解等により変化する化学物質の動態、生態系への影響

 学位

 博士(学術)(埼玉大学)

経歴

 1990年 新潟大学 大学院理学研究科 修士課程修了

 1990年 埼玉県入庁 繊維工業試験場秩父支場 試験課

 1994年 環境整備センター 管理課

 1997年 環境生活部水質保全課 水質保全係

 1998年 環境生活部大気水質課 水質保全担当

 2000年 環境科学国際センター 化学物質担当

 2008年 埼玉大学 大学院理工学研究科 環境制御工学専攻 博士後期課程修了

 2017年 環境科学国際センター 化学物質・環境放射能担当

所属学会

 日本内分泌攪乱化学物質学会、日本動物学会、日本爬虫両棲類学会

センターにおける調査・研究テーマ

(1)自主研究事業

  • 緊急時大気中化学物質の迅速調査法の開発とリスク評価(平成28~31年度)
  • 県内の河川におけるPFOS、PFOAとその前駆物質の汚染実態の把握(平成20~22年度)
  • 内分泌かく乱化学物質が水圏生態系に及ぼす影響機構の解明及び保全手法の検討に関する研究(平成12~16年度)

(2)行政令達事業

  • 野生動物レスキュー事業(平成19年度~)
  • 化学物質総合対策推進事業 (工業団地等周辺環境調査)(事業所周辺環境予測評価調査)(平成17年度~)
  • 土壌・地下水汚染対策事業 (土壌のダイオキシン類調査)(平成17~27年度)
  • 化学物質安心社会づくり推進事業(環境ホルモン環境汚染実態調査)(PRTR環境モニタリング大気分析調査)(平成14~16年度)
  • 化学物質環境保全対策推進事業(環境モニタリング調査)(平成12~13年度)

 外部競争的資金による研究(研究代表)

  • 水環境におけるフッ素テロマー化合物の汚染実態と生分解挙動の解明(科研費 基盤(C)/平成29~32年度)
  • 水環境におけるPFOS、PFOAの前駆物質の生分解挙動に関する研究(科研費 基盤(C)/平成26~28年度)
  • PFOS、PFOA及びそれらの前駆物質の起源と水環境動態の解明(科研費 基盤(C)/平成23~25年度)

 外部との共同研究

  • 高リスクが懸念される微量化学物質の実態解明に関する研究(国立環境研究所2.型共同研究)(平成28~30年度)
  • 国内における化審法関連物質の排出源及び動態の解明(国立環境研究所2.型共同研究)(平成25~27年度)
  • 「生活ごみ焼却飛灰の資源化プロジェクト」に係る支援(中国・上海大学)(平成25~27年度)
  • 有機フッ素化合物の環境汚染実態と排出源について(国立環境研究所C型共同研究)(平成20~24年度)
  • 中国各地の焼却施設から排出される焼却灰のダイオキシン類に関する研究(中国・上海大学)(平成23年度)
  • 揚子江デルタの有害化学物質に関する研究( 中国・上海大学)(平成21~22年度)

 研究業績

(1)査読付き原著論文

【筆頭】

  • 茂木守、野尻喜好、細野繁雄、杉崎三男(2014)埼玉県の元小山川におけるペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)高濃度の原因となる排出源調査、全国環境研会誌、39(4)、179-184.
  • 茂木守、野尻喜好、細野繁雄、杉崎三男(2013)埼玉県における河川水のペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)、ペルフルオロオクタン酸(PFOA)初期調査、全国環境研会誌、38(2)、60-66.
  • 茂木守、野尻喜好、細野繁雄、田中康之、河村清史(2009)鴨川流域におけるノニルフェノール化合物の排出実態の評価、環境化学、19(2)、197-206.
  • M. Motegi, K. Nojiri, S. Hosono and K. Kawamura (2007) Mass balance study of nonylphenol ethoxylates and their metabolites in an urban river contaminated by nonylphenol, Environmental Sciences, 14(Supplement), 9-21.
  • M. Motegi, K. Nojiri, S. Hosono and K. Kawamura (2007) Seasonal changes in nonylphenol ethoxylates and their metabolites in water and sediment of urban river polluted by nonylphenol, Environmental Sciences, 14(3), 109-128.
  • 茂木守、野尻喜好、細野繁雄、河村清史(2007)都市河川流域におけるエストロゲン様汚染の把握と評価、環境化学、17(3)、421-434.

【共著】

  • S. Wu, J. Zhou, Y. Pan, J. Zhang, L. Zhang, N. Ohtsuka, M. Motegi, S. Yonemochi, K. Oh, S. Hosono, G. Qian (2016) Dioxin distribution characteristics and health risk assessment in different size particles of fly ash from MSWIs in China, Waste Management, 50, 113-120.
  • 蓑毛康太郎、野尻喜好、茂木守、大塚宜寿、堀井勇一(2016)埼玉県の大気中Dechlorane Plusおよび類縁化合物、環境化学、26(2)、53-59.
  • 野尻喜好、茂木守、大塚宜寿、蓑毛康太郎、堀井勇一(2016)川底表面底質中のダイオキシン類濃度測定を目的とした吸引式採泥装置の開発、全国環境研会誌、41(3)、42-45.
  • 野尻喜好、茂木守、大塚宜寿、蓑毛康太郎、堀井勇一、茂木亨、後藤政秀(2015)潮位変動による古綾瀬川河川水のダイオキシン類濃度の変動、全国環境研会誌、40(2)、10-14.
  • Y. Pan, L. Yang, J. Zhou, G. Qian, N. Ohtsuka, M. Motegi, K. Oh, S. Hosono (2013) Characteristics of dioxins content in fly ash from municipal solid waste incinerators in China、Chemosphere, 92(7), 765-771.
  • 柿本貴志、茂木守、野尻喜好(2013)液体クロマトグラフィー/タンデム型質量分析計を用いる河川水中ヘキサメチレンテトラミンの迅速定量、分析化学、62(1)、47-50.
  • 蓑毛康太郎、大塚宜寿、野尻喜好、茂木守、堀井勇一(2012)学校等に設置されている小型焼却炉内の残留灰中ダイオキシン類の濃度、環境化学、22(4)、193-195.
  • Y. Zushi, F. Ye, M. Motegi, K. Nojiri, S. Hosono, T. Suzuki,Y. Kosugi, K. Yaguchi and S. Masunaga (2012) Spatial distribution and loading amounts of particle sorbed and dissolved perfluorinated compounds in the basin of Tokyo Bay, Chemosphere, 88(11), 1353-1357.
  • Y. Li, X.-F. Hu, K. Oh, M. Motegi, N. Ohtsuka, S. Hosono, Y. Du, Q. Jiang, S. Li, J.-W. Feng (2012) Spatial distribution of three endocrine disrupting chemicals in sediments of the Suzhou Creek and their environmental risks、Environmental Science [in China], 33(1), 239-246.
  • 河津理子、福田昌治、土門尚貴、茂木守、門田裕一(2011)形態的観察、PCR法及びLC/MS分析による育成牛シキミ中毒の診断、日本獣医師会雑誌、64(10)、791-796.
  • Y. Zushi, F. Ye, M. Motegi, K. Nojiri, S. Hosono, T. Suzuki, Y. Kosugi, K. Yaguchi, S. Masunaga (2011) Spatially detailed survey on pollution by multiple perfluorinated compounds in the Tokyo Bay Basin of Japan、Environmental Science and Technology, 45(7), 2887-2893.

(2)埼玉県環境科学国際センター報

  • 大塚宜寿、蓑毛康太郎、野尻喜好、茂木守、堀井勇一(2016)野通川における河川水中ネオニコチノイド系殺虫剤濃度の季節変動、16、96-98.
  • 高橋基之、田中仁志、木持謙、見島伊織、柿本貴志、池田和弘、野尻喜好、茂木守、細野繁雄(2013)利根川水系ホルムアルデヒド水質事故における対応の記録、13、85-91.
  • 茂木守、野尻喜好、細野繁雄、杉崎三男(2013)元小山川の環境基準点における河川水中ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)濃度の推移、13、82-84.
  • 細野繁雄、蓑毛康太郎、大塚宜寿、茂木守、杉崎三男(2009)臭素系難燃加工剤(ポリブロモジフェニルエーテル)による県内河川底質の汚染実態、9、91-95.
  • 細野繁雄、茂木守、野尻喜好、杉崎三男(2007)野鳥へい死の原因調査における市販有機リン系農薬検出キットの適用性について、7、112-113.
  • 化学物質担当、廃棄物管理担当、大気環境担当、水環境担当(2006)ダイオキシン類及び内分泌かく乱化学物質等有害化学物質に関する総合的研究、6、150-157.
  • 野尻喜好、茂木守、細野繁雄(2006)GC/NCI-MS法を用いた鴨川河川水、底質試料中のエストロゲンの分析、6、136-141.
  • 杉崎三男、野尻喜好、細野繁雄、茂木守、王効挙、大塚宜寿、蓑毛康太郎(2004)埼玉県の環境中ダイオキシン類、4、123-140.
  • 蓑毛康太郎、大塚宜寿、茂木守(2003)生物を利用した土壌中ダイオキシン類低減化の検討、3、154-155.
  • 茂木守、細野繁雄、野尻喜好(2002)鴨川及びその流入水路の水における内分泌かく乱化学物質の濃度とそのエストロゲンリセプター結合能、2、119-124.

(3)国際学会プロシーディング

【筆頭】

  • M. Motegi, K. Nojiri, Y. Horii (2016) Long term aerobic biotransformation of N-ethyl perfluorooctane sulfonamidoethanol in river water/sediment system by a shake-flask batch test, Organohalogen Compounds, 78, 1091-1094, Proceedings of the 36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
  • M. Motegi, K. Nojiri, Y. Horii (2014) Behaviors of 8時02分 fluoro電話omer alcohol and the biotransformation compounds in sewage treatment processes, Organohalogen Compounds, 76, 301-304, Proceedings of the 34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
  • M. Motegi, K. Nojiri, Y. Horii (2013) Biodegradation of fluorinated compounds in river water/sediment system by a shake-flask batch test, Organohalogen Compounds, 75, 301-304, Proceedings of the 33rd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
  • M. Motegi, K. Nojiri, Y. Horii (2012) Occurrence of perfluorinated compounds in effluent from large and small scale wastewater treatment plants in Saitama, Japan, Organohalogen Compounds, 74, 235-238, Proceedings of the 32nd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
  • M. Motegi, Y. Horii, S. Hosono, K. Nojiri (2010) Method development of volatile perfluorinated compounds in water using purge and trap extraction-GC/MS, Organohalogen Compounds, 72, 880-883, Proceedings of the 30th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.

【共著】

  • N. Ohtsuka, K. Minomo, M. Motegi, K. Nojiri, Y. Horii, S. Takemine (2016) Occurrence of chloronicotinyl insecticides in river waters in Saitama Prefecture, Japan, Organohalogen Compounds, 78, 1095-1098, 36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
  • Y. Horii, M. Motegi, K. Minomo, N. Ohtsuka, K. Nojiri, N. Yamashita (2016) Annual profiles of volatile methylsiloxanes in atomospheric environment in Saitama, Japan, Organohalogen Compounds, 78, 986-989, 36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
  • Y. Horii, K. Minomo, M. Motegi, K. Nojiri (2014) Mass loading and fate of volatile methyl siloxanes in two different types of sewage treatment plants from Japan, Organohalogen Compounds, 76, 752-755, 34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
  • Y. Horii, K. Minomo, M. Motegi, N. Ohtsuka, K. Nojiri (2014) Occurrence and distribution of volatile methylsiloxanes in river waters from Saitama, Japan, 34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants, P911.
  • N. Ohtsuka, K. Nojiri, K. Minomo, M. Motegi, Y. Horii (2014) Occurrence of neonicotinoid insecticides in river waters in Saitama Prefecture, Japan, International Conference of Asian Environmental Chemistry 2014, 251.
  • V. Beškoski, T. Nakano, C. Matsumura, K. Yamamoto, A. Yamamoto, M. Motegi, H. Okamura, H. Inui (2014) Interaction of PFOS, PFOA and 8時02分 FTOH with human, rat, and microbial cytochrome P450s: Similarities and differences, International Conference of Asian Environmental Chemistry 2014, 309.
  • V. Beškoski, T. Nakano, A. Yamamoto, C. Matsumura, K. Yamamoto, M. Motegi, H. Okamura, H. Inui (2014) Biotransformation of perfluorinated compounds by the action of microbial community isolated from polluted environment - Road to successful bioremediation, International Conference of Asian Environmental Chemistry 2014, 310.
  • Y. Horii, K. Minomo, M. Motegi, N. Ohtsuka, K. Nojiri (2013) Concentration profiles of volatile methylsiloxanes in river water, sediment and fish samples from Tokyo Bay watershed, Organohalogen Compounds, 75, 1291-1294, 33rd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
  • Y. Zushi, F. Ye, M. Motegi, K. Nojiri, S. Hosono, T. Suzuki Y. Kosugi, K. Yaguchi, S. Masunaga (2011) Spatial distribution and loadings of particle sorbed and dissolved perfluorinated compounds in the Basin of Tokyo Bay, SETAC North America 32nd Annual Meeting, 60.
  • Y. Zushi, F. Ye, M. Motegi, K. Nojiri, S. Hosono, T. Suzuki, Y. Kosugi, K. Yaguchi, S. Masunaga (2010) Survey of perfluorinated compound (PFC) pollution in the basin of Tokyo Bay using the simultaneous analysis method for 35 types of PFCs, Organohalogen Compounds, 72, 834-837, 30th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
  • Y. Zushi, F. Ye, M. Motegi, K. Nojiri, S. Hosono, T. Suzuki, Y. Kosugi, K. Yaguchi, S. Masunaga (2010) Current situation of PFC pollution in the basin of Tokyo Bay, Japan, Water and Environment Technology Conference 2010, 9.

 

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?