環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究員紹介 > 竹峰 秀祐 たけみね しゅうすけ

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月23日

竹峰 秀祐 たけみね しゅうすけ

所属・職名

研究推進室 化学物質・環境放射能担当 主任

専門学問分野

環境化学

関心のある研究テーマ、今後の抱負

LC/MS(/MS)を用いた環境汚染物質の高感度分析及び環境動態解析

学位

博士(工学)

経歴

2014年 大阪大学大学院 工学研究科 博士後期課程修了

2016年 埼玉県入庁 埼玉県環境科学国際センター 化学物質担当

2017年 化学物質・環境放射能担当

所属学会

日本環境化学会、日本水環境学会、日本分析化学会、日本質量分析学会

センターにおける調査・研究

(1)行政令達事業

土壌・地下水汚染対策事業 (土壌のダイオキシン類調査)(平成28年度~)

外部競争的資金による研究

水環境におけるフッ素テロマー化合物の汚染実態と生分解挙動の解明(科研費 基盤(C)/平成29~32年度/分担)

有機フッ素化合物の環境実態および排出源の解明と環境挙動シミュレーションを応用した将来濃度予測に関する研究(琵琶湖・淀川水質保全機構 水質保全研究助成/平成24~25年度/代表)

有機フッ素化合物の最終処分場における環境流出挙動の解明と対策技術に関する研究(環境省 環境研究総合推進費/平成22~24年度/分担)

有機フッ素化合物の環境負荷メカニズムの解明とその排出抑制に関する技術開発(環境省 環境研究総合推進費/平成22~23年度/分担)

有機フッ素化合物の発生源、汚染実態解明、処理技術開発(環境省 環境研究総合推進費/平成20~21年度/分担)

外部機関との共同研究

高リスクが懸念される微量化学物質の実態解明に関する研究(国立環境研究所2.型共同研究)(平成28~30年度)

研究業績

(1)査読付き原著論文

【筆頭】

  • S. Takemine, C. Matsumura, K. Yamamoto, M. Suzuki, M. Tsurukawa, H. Imaishi, T. Nakano, A. Kondo  (2014) Discharge of perfluorinated compounds from rivers and their influence on the coastal seas of Hyogo prefecture, Japan, Environ. Pollut., 184, 397-404.
  • 竹峰秀祐、高田光康、山本周作、渡辺信久、松村千里、藤井滋穂、田中周平、近藤明(2013)粒状活性炭に吸着されたペルフルオロオクタン酸の加熱時の挙動、分析化学、62、107-113.
  • 竹峰秀祐、高田光康、山本勝也、松村千里、藤森一男、渡辺信久、中野武、近藤明(2013)粒状活性炭中の有機フッ素化合物の分析、環境化学、23、55-60.

【共著】

  • N. Watanabe, S. Takemine, K. Yamamoto, Y. Haga, M. Takata (2016) Residual organic fluorinated compounds from thermal treatment of PFOA, PFHxA and PFOS adsorbed onto granular activated carbon (GAC), J. Mater. Cycles Waste Manage., 18, (4), 625–630.
  • N. Watanabe, M. Takata, S. Takemine, K. Yamamoto (2015) Thermal mineralization behavior of PFOA, PFHxA, and PFOS during reactivation of granular activated carbon (GAC) in nitrogen atmosphere, Environ. Sci. Pollut. Res., 1-6.
  • A. Yamamoto, H. Hisatomi, T. Ando, S. Takemine, T. Terao, T. Tojo, M. Yagi, D. Ono, H. Kawasaki, R. Arakawa (2014) Use of high-resolution mass spectrometry to identify precursors and biodegradation products of perfluorinated and polyfluorinated compounds in end-user products., Anal. Bioanal. Chem., 406, (19), 4745-4755.
  • 西村文武、門脇一則、三馬大幸、松村千里、竹峰秀祐、林佳史、津野洋(2013)パルス放電処理による有機フッ素化合物含有廃水の処理特性に関する基礎的研究、土木学会論文集G(環境)、69、III_411-III_417.
  • 高田光康、山本周作、西岡良太、竹峰秀祐、田中周平、藤井滋穂、渡辺信久(2013)最終処分場余水処理工程で活性炭に吸着保持された有機フッ素化合物の熱処理による挙動、廃棄物資源循環学会論文誌、24、105-112.
  • S. Kawano, T. Kida, S. Takemine, C. Matsumura, T. Nakano, M. Kuramitsu, K. Adachi, M. Akashi (2013)  Efficient Removal and Recovery of Perfluorinated Compounds from Water by Surface-Tethered β-Cyclodextrins on Polystyrene Particles, Chem. Lett., 42 , 392-394.
  • V.P. Beškoski, S. Takemine, T. Nakano, L. Slavković Beškoski, G. Gojgić-Cvijović, M. Ilić, S. Miletić, M.M. Vrvić (2013) Perfluorinated compounds in sediment samples from the wastewater canal of Pančevo  (Serbia) industrial area, Chemosphere, 91, 1408-1415. 

(2)報告書

  • 竹峰秀祐、4-クロロ-2-メチルフェノール、化学物質と環境、平成25年度化学物質分析法開発調査報告書、154-187.
  • 種田あずさ、竹峰秀祐、鶴川正寛、松村千里、2,4-ジクロロフェノキシ酢酸、化学物質と環境、 平成22年度化学物質分析法開発調査報告書、371-388.

(3)国際学会プロシーディング

【筆頭】

  • S. Takemine, C. Matsumura, K. Yamamoto, M. Tsurukawa, T. Nakano, A. Kondo (2013) Levels and Trends of Perfluorinated Compounds in Osaka-bay, Japan, The second International Conference on Environmental Pollution, Restoration and Management.
  • S. Takemine, C. Matsumura, K. Yamamoto, M. Tsurukawa, T. Nakano, A. Kondo (2012) Investigation of Perfluorinated compounds in Osaka-bay over past three years, 19th International Mass Spectrometry Conference (IMSC).
  • S. Takemine, C. Matsumura, Y. Katsuya, M. Tsurukawa, Y. Haga, J. Eiho, T. Nakano (2011) Investigation of Perfluorinated Compounds in Final Landfill Site, Organohalogen Compounds, 73, 223-226.
  • S. Takemine, C. Matsumura, M. Yoshida, M. Suzuki, M. Tsurukawa, T. Nakano, J. Yonekubo, T. Ezaki (2010) Contamination of Perfluorinated Compounds in the River and Sea Water of Hyogo Pref., Japan, Techno-Ocean
  • S. Takemine, M. Tsurukawa, C. Matsumura, M. Yoshida, J. Yonekubo, A. Oita, Y. Okada, M. Suzuki, J. Eiho, T. Nakano, T. Ezaki (2010) Perfluorinated Compounds in Atmosphere of Hyogo Prefecture, Japan., Organohalogen Compounds, 72, 1800-1803.
  • S. Takemine, C. Matsumura, Y. Okada, M. Suzuki, M. Yoshida, M. Tsurukawa, T. Nakano (2009) Investigation of Fluorinated Telomer Alcohols and Related Compounds in Fluorinted Oil and Water Repellents, Organohalogen Compounds, 71, 1850-1853.
  • S. Takemine, C. Matsumura, M. Suzuki, Y. Okada, M. Yoshida, M. Tsurukawa, T. Nakano (2009) Examination of Analytical Method for Fluoro電話omer Compounds in Ambient Air, Organohalogen Compounds, 71, 1793-1796.

(4)国内学会口頭発表

【筆頭】

  • 竹峰秀祐、茂木守、堀井勇一、野尻喜好、大塚宜寿、蓑毛康太郎(2017)LC/MS/MS によるフッ素テロマーリン酸を含む有機フッ素化合物の一斉分析法の検討、第20回日本水環境学会シンポジウム
  • 竹峰秀祐、大塚宜寿、野尻喜好、茂木守、蓑毛康太郎、堀井勇一(2017)LC/MS/MS による水質試料中の人工甘味料の分析法の検討、第20回日本水環境学会シンポジウム
  • 竹峰秀祐、大塚宜寿、蓑毛康太郎、堀井勇一、茂木守、野尻喜好(2017)親水性相互作用クロマトグラフィーによる人工甘味料の分析法の検討、第26回環境化学討論会
  • 埼玉県の大気降下物中のHBCDについて(2016)竹峰秀祐、蓑毛康太郎、大塚宜寿、堀井勇一、茂木守、第19回日本水環境学会シンポジウム
  • 誘導体化を用いたフッ素テロマーアルコールの高感度分析(2016)竹峰秀祐、茂木守、第64回質量分析総合討論会

(5)招待講演

  • 竹峰秀祐(2012)Analysis of perfluorinated compounds (PFCs) using LC-MS/MS, University of Belgrade, Serbia.

表彰等

日本環境化学会 環境化学技術賞(H26:粒状活性炭中の有機フッ素化合物の分析)

学会活動

日本環境化学会 評議員(H29-)

日本環境化学会 関東地区部会副幹事(H29-)

社会的貢献・活動

環境省 化学物質環境実態調査 分析法開発検討会議系統別部会(LC/MS)検討委員(H27-)

環境省 化学物質環境実態調査 LC/MS ノンターゲット分析法・スクリーニング分析法検討会 検討委員(H29-)

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?