ページ番号:4454

掲載日:2024年3月1日

ここから本文です。

「単為結果性」なすの栽培に取り組んでいます

なすの写真

なすは、加須市騎西地域を中心に栽培されています。

なすを栽培している生産者は北埼一元(北埼地区野菜一元共販連絡協議会)に所属し、ビニールハウスで栽培しています。

現在、なすの品種は「単為結果性」といって、人の手や昆虫を介さずに受粉する品種が栽培されています。主に栽培されている品種は「PC鶴丸」です。過去に栽培されていた「式部」という品種と栽培管理方法が似ており、安定した品質と収量を得られております。 

販売

栽培されたなすは、3月~6月いっぱいまで都内の市場に出荷され、関東近県のスーパー等で販売されています。また、北埼玉地域の農産物直売所でも買うことができます。

お問い合わせ

農林部 加須農林振興センター 技術普及担当

郵便番号347-0054 埼玉県加須市不動岡564-1 加須農林振興センター 1階

ファックス:0480-62-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?