ページ番号:35032

掲載日:2021年7月21日

ここから本文です。

5 デイケア社会参加コース疾患別プログラム

デイケア社会参加コースでは、1)統合失調症、2)気分障害、それぞれの特性に則した疾患別プログラムを実施しています。

目的

  1. 個々の精神疾患や精神障害についての知識や情報を学ぶ
  2. 認知や考え方の幅を拡大し、問題解決能力やコミュニケーション能力の向上を図る
  3. 参加者がお互いの体験談や困りごと、対処法などについて安心して話し合い、共感的に交流できる場をつくる

プログラム内容

該当する精神疾患や精神障害の特徴を考慮しつつ、心理教育、症状自己管理スキルトレーニング、認知行動療法(CBT)、元気回復行動プラン(WRAP)などの援助技法を活用して、講義演習、グループワーク、ディスカッション、ロールプレイ、作業などをおこないます。

1 統合失調症プログラム「とまり樹」

ご参加いただける方:デイケア社会参加コース通所中で、主に統合失調症圏の診断をうけている方

 統合失調症プログラム「とまり樹」 スケジュール例
  内容
第1回 講義「統合失調症について」
第2回 講義「薬について」
第3回 元気回復行動プラン<1>
第4回 元気回復行動プラン<2>
第5回 グループディスカッション
第6回 講義「ストレス対処について」
第7回 グループワーク<1>
第8回 グル―プワーク<2>、まとめ

なお、スケジュール表は一例であり、内容は参加者のニーズや状況に応じて、柔軟に変更したり、組み替えたりしています。

参加者の感想 (アンケートより)デイケア農園で成長しているトマト

  • 「みなさんも同じ病気であっても飲んでる薬は全く違うケースが多いんだと思いました。工夫もそれぞれされてるみたいで、みんな仲間だと思いました」
  • 「ストレスの対処法について勉強になりました。我慢するだけではなく、自己主張することも大切なんだなと思いました」
  • 「幻聴について詳しく聞けて良かったです。また是非聞きたいです」
  • 「ただ通院するだけでなく、医師とのコミュニケーションも大切だということがわかりました」

2 気分障害プログラム「気分障害研究会」

ご参加いただける方:デイケア社会参加コース通所中で、主に気分障害圏の診断をうけている方

 「気分障害研究会」スケジュール例

 

内容

第1回 導入・気分障害や不安障害の疾病理解
第2回 気分の点数化

第3回

当事者研究
第4回 不安・ストレス対処
第5回 まとめ

なお、プログラム表は一例であり、内容は参加者のニーズや状況に応じて柔軟に変更したり、組み替えたりしています。

お問い合わせ

精神保健福祉センター 社会参加支援担当
電話:048-723-3333(代表)
ファックス:048-723-1561(代表)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?