Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年4月11日

今、埼玉のみどりは

根が地上に表れた「荒れた」森

右の写真を見てください。見慣れているはずの山の木々ですが、何かおかしいと思いませんか。木の根元に下草が生えず、さらに木の根を覆うはずの表面の土が流れています。右下にはめこんであるのが、部分を拡大したもの。ごらんのように根が地上に表れてしまっています。

なぜ、こうなってしまったのでしょう。それは、この山には「人の手」が入っていないから。意外に思われるかもしれませんが、山は手入れが必要なのです。写真の山では木を密集させすぎないようにするための間伐がなされずにいたため、木々の間に太陽が入らず、下草がなくなってしまったのです。そうなると、雨が地上に浸み込みづらくなり、水は地表を流れます。それで表面の土が浸食されてしまうのです。

鹿の食害を受けた森

左の写真では木々の間にぽっかりと空間ができてしまっています。これは実はシカによる食害。木を切ったあとに植えた若木の皮や新芽をシカが食べてしまい、木が育たず裸地化してしまったものなのです。もちろん、シカに罪があるわけではありませんが、これを放置しておくと、みどりが失われるだけでなく、土砂崩れも起きやすくなります。

さらに問題なのは、これらの山々が水源地であること。山が荒れると水も「荒れる」ことになる。山のみどりの問題は決して山間部だけの問題ではないのです。

問題は「山のみどり」だけではありません。埼玉県では都市化によって平地林などの身近な緑が失われています。過去30年でみても、平地林などの身近な緑は、6,514ヘクタールも失われています。heichirinnnogennshou

heichirinn2

お問い合わせ

環境部 みどり自然課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎2階

電話:048-830-3140

ファックス:048-830-4775

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?