埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:224312

掲載日:2022年10月19日

令和4年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(岡地 優議員)

動物の愛護及び管理に関する法律等の一部改正について - 負担軽減を目的とした助成について

Q   岡地 優 議員(自民)

マイクロチップの装着などに係る飼い主の経済的負担を軽減し、マイクロチップの装着を普及、促進していくために、県として何らかの助成を検討していく可能性はあるのでしょうか。保健医療部長にお伺いいたします。

A 山崎達也 保健医療部長

マイクロチップ装着に要する費用は、数千円から1万円が目安とされておりますが、大切なペットが迷子になった場合など、万一の備えとして半永久的に使えることを踏まえますと、金額に見合ったメリットがあるものと考えます。
また、本県は犬猫のマイクロチップ登録数が全国第3位と、他の自治体に比べ普及が進んでいる状況も踏まえ、現時点では県として費用の一部を補助するといったことは検討はしておりません。
飼い主の中には、経済的負担よりもむしろ、家族の一員であるペットの体内に異物を入れることに対する抵抗感が大きく、マイクロチップの装着をためらう方も多いと伺っております。
つきましては、マイクロチップの安全性や装着のメリットについて正しく理解していただくための啓発に重点を置きながら、引き続きその普及促進に取り組んでまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?