埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:224128

掲載日:2022年10月19日

令和4年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(安藤友貴議員)

新型コロナウイルス感染症について - 宿泊療養施設について - 車いすの方でも療養できる環境を

Q   安藤友貴 議員(公明)

高齢者や疾患をお持ちの方など同居している方が陽性となった場合、宿泊施設へ療養し、同居されている方がコロナに感染し、重症化しないように対応しています。
先日、我が団の石渡議員がこのような相談を受けました。陽性となった方は肢体不自由の方で、車いすです。6畳2間の狭い一軒家に高齢者と同居しているため、ホテル療養を希望いたしました。しかし、保健所の回答は「療養施設の入口に関して、陽性者は裏の非常階段から上っていただくことになりますが、可能ですか」と質問されました。車いすの方が上れるわけがありません。「裏の非常階段ではなく別のルートはありませんか」とお聞きすると、「ありません」とのやり取りがあり、結局、自宅療養となり、同居の高齢者は4日後にコロナに感染いたしました。
このように非常階段から上れない方が宿泊療養施設を利用できるように考えられないか、お聞きいたします。

A 山崎達也 保健医療部長

宿泊療養施設は、自立して療養できる方を基本的に対象としております。なお、建物の構造や動線分離の必要などから、陽性者の方を部屋に誘導するに当たり、非常階段をご利用いただく場合がございます。
一方、8月から開設した高齢者支援型臨時施設でございますが、バリアフリー対応としており、車いすのまま入所できるほか、介護士を配置し生活介助を受けられます。
入院以外にもこうした施設の利活用などを検討し、どのような方でも安心して療養していただけるように取り組んでまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?