埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:223974

掲載日:2022年10月19日

令和4年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(阿左美健司議員)

障害者の地域移行について - グループホーム職員の支援の質の向上について

Q   阿左美健司 議員(自民)

特に、施設に入所されていた障害者が地域での生活に移行できるように支援するためには、日常の相談や支援を受けながら暮らすことのできるグループホームの整備を進めていく必要があります。県内のグループホームは、令和3年度末の定員が7,787人となっており、5年前の平成28年度末の定員4,017人と比較して1.9倍になるなど、数の上では整備が進んでいます。
しかしながら、地域生活への移行を希望されている障害者の中には、重度の障害をお持ちの方がいます。このような方が安心して暮らせるように、今後更にグループホームの整備を進めるとともに、グループホーム職員の支援の質の向上を図っていくべきと考えますが、県としてどのように考えているでしょうか。

A 金子直史 福祉部長

議員お話のとおり、県内のグループホームの整備が進んでいる一方で、重度の障害者が安心して入居できるグループホームは不足している状況です。
重度の知的障害を抱えていたり、自分の体を傷つけるなどの強度行動障害のある障害者を受け入れるためには、専門的な知識と技術を有する職員が必要です。
このため、県では今年度から、グループホームの職員を対象に重度障害者の支援に関する研修を始めることといたしました。
重度障害者の支援に精通する施設や事業所の協力を得て、講義やグループワークを通じて必要な知識を習得した上で、実際の施設等で実技を学んでいただき、スキルアップを図ります。
今後は、グループホームの整備と併せて職員の支援の質の向上も図り、重度障害者が安心して生活できるグループホームの確保を進めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?