埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:218658

掲載日:2022年7月12日

令和4年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(高橋稔裕議員)

第三次救急医療機関済生会加須病院へつづく道を整備する - 東武伊勢崎線花崎踏切について

Q   高橋稔裕 議員(自民)

加須市では、本年6月、埼玉県済生会加須病院が、地域の安心と生命を守る三次救急を擁し開院しました。加須市全域からこの病院にスムーズにアクセスするためには、南北をつなぐ県道北中曽根北大桑線の花崎踏切の渋滞を解消すること、同線に接続し東西をつなぐ久喜騎西線バイパスを早期に開通させることが必要になります。
栗橋の方が近かった大利根地区、併せて旧栗橋町の方は切実です。新病院を目指す際、県道北中曽根北大桑線を通り、東西に走る東武伊勢崎線を渡るわけですが、その花崎踏切は30年来、交通渋滞が慢性化している踏切です。この問題は、令和2年6月及び令和3年6月定例会に私が渋滞解消の観点で、令和3年12月定例会には千葉県議が南北の道路開通という観点で、一般質問をさせていただきました。東武伊勢崎線花崎踏切の取組状況について、県土整備部長にお尋ねします。

A   北田健夫 県土整備部長

県道北中曽根北大桑線の花崎踏切は、東武伊勢崎線花崎駅と近接しており、遮断時間が長く、交通量も多いことから、朝夕を中心に渋滞が発生しております。
このため、県では、鉄道事業者や交通管理者と協議を行い、検討してまいりましたが、立体化による抜本的な対策が必要との考えに至りました。
この踏切の前後は、家屋が連担し、交差する道路も多く、また、水路や高速道路が近接しているなど、立体化には、多くの課題がございます。
そこで、令和3年度に踏切周辺の交通量調査を実施いたしました。
今後は、現地測量を行い、立体化に向けた課題を整理し、検討を進めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?