埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:218637

掲載日:2022年7月12日

令和4年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(高橋稔裕議員)

魅力ある埼玉 - 「適疎」の視点を反映した埼玉県の独自性や差別化戦略について

Q   高橋稔裕 議員(自民)

「適疎」の視点を反映した埼玉県の独自性や差別化アピールポイントについて、千葉県や神奈川県のような首都圏近郊県、あるいはもっと遠い地方の道府県と比較し、どのように分析しているか、テレワークの取組状況も含めて具体的にお答えください。企画財政部長にお尋ねします。

A   堀光敦史 企画財政部長

首都圏近郊と比較した場合の本県の優位性としては、自然災害が少ないことが大きなアピールポイントになると考えております。
がけ崩れや地すべりなどの土砂災害の発生件数は、過去15年間で、千葉県や神奈川県との比較はもとより、全国で最も少なくなっております。
また、秩父地域など県西部の地盤は強固であり、地震に強いと言われております。
一方、地方の道府県と比較した場合には、充実した交通網が本県の強みであり、都市と地方の魅力に簡単にアクセスすることができます。
都心や近郊からの鉄道網は非常に発達しており、例えば、秩父市から池袋までは、特急列車を利用すれば約80分で行くことができます。
コロナ禍で普及したテレワーク勤務の中、都内へ出勤する場合でも十分対応が可能です。
また、道路網も首都圏の各県をつなぐ高速道路のネットワークが形成されるなど、本県の交通網は地方にないアドバンテージがあります。
このほかにも、ユネスコ無形文化遺産の秩父夜祭、小鹿野歌舞伎などの伝統芸能があり、他方では若者に人気のあるバーベキュー場やキャンプ場が身近にあるなど、多様な地域資源に恵まれております。
今後も、このような優位性や独自性を生かし、「適疎」としての良さを更に磨き上げ、本県への移住を促進してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?