埼玉県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:201216

掲載日:2021年7月9日

令和3年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(高橋稔裕議員)

県道久喜騎西線バイパスの整備について

Q   高橋稔裕 議員(自民)

県道久喜騎西線バイパスについては、加須市の市民の期待が一心に注がれている県道でございます。私も、千葉議員も幾度となく質問させていただいております。
このバイパスを北中曽根北大桑線から礼羽騎西線まで早期につなげるために、令和3年度は測量や用地取得、工事の予算を用意していただき、心から感謝申し上げます。これからの加須市の持続ある発展のためにも、まずは現在事業を進めている区間を着実に完成することが重要であると十分理解しておりますが、地元ではバイパスが完成し、行き着く交差点について心配しております。
行き着く礼羽騎西線の西側には加須市道が接続していますが、久喜騎西線と加須市道がクランク形状の交差点になってしまいます。これは不便であり、危険な形状です。地元からは加須市に対して、この状態を改善できないかという要望を行っております。バイパス完成時の交差点の形状改善について県と市で連携していただくようお願いいたします。
この状況も踏まえ、県道久喜騎西線バイパスの現在の進捗状況と今後の見通しについて、県土整備部長にお尋ねします。

A 北田健夫 県土整備部長

県道久喜騎西線バイパスは、県道北中曽根北大桑線から県道礼羽騎西線を東西に結ぶ延長約5.2キロメートルの道路です。
東側の起点となる県道北中曽根北大桑線から市道138号線までの約2キロメートル区間については、用地買収率が99%、工事進捗率は40%となっており、まとまって用地取得のできた区間の工事を進めてまいります。その西側の県道加須鴻巣線までの約1.6キロメートルは、令和3年1月までに供用開始したところでございます。
さらに、県道加須鴻巣線から市道148号線までの340メートル区間については、済生会加須病院の開業に合わせ重点的に工事を進め、令和3年度末までの供用開始を目指しております。
最後に、市道148号線から県道礼羽騎西線までの約1.3キロメートル区間は、地元の皆様に事業の理解が得られたことから、令和3年度は用地測量やクランク形状の交差点の検討など、地元加須市と連携を図りながら事業を進めてまいります。
引き続き、地元の皆様の御理解と御協力を頂きながら、事業の推進に取り組んでまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?