Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 令和元年6月定例会 > 令和元年6月定例会 委員長報告 > 令和元年6月定例会 「地方創生・行財政改革特別委員長報告」

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月5日

令和元年6月定例会 「地方創生・行財政改革特別委員長報告」

委員長   荒木   裕介

地方創生・行財政改革特別委員会における審査経過の概要について、御報告申し上げます。
本委員会に付託されております案件は、「地方創生、魅力ある地域づくり、行財政・職員の働き方改革及び情報技術の活用に関する総合的対策」でありますが、今回は、「地方分権改革について」及び「魅力ある地域づくりについて」審査を行いました。
審査に当たりましては、執行部から詳細な説明を受け、その後、質疑を行いました。
以下、主な論議について申し上げます。
まず、「地方分権改革の観点から、権限移譲は屋外広告物の除却等のように、全市町村に移譲されるのが望ましい。現在、パスポートの申請は県と市町村の2つの方法があるが、全市町村に移譲できないのか」との質問に対し、「移譲されていない市に対し、市で行うメリットや周辺市町村の状況を説明し、移譲を進めていきたい」との答弁がありました。
次に、「魅力ある地域づくりに向けて、今年度はどのような移住促進プロモーションを展開していくのか」との質問に対し、「移住に関心がある子育て世代や埼玉県の自然に興味を持っている方などを対象に、秩父鉄道のSL『パレオエクスプレス号』の乗車イベントを開催するなど、本県の魅力をPRする企画を発信し、埼玉のファンを増やしていく」との答弁がありました。
以上、審査経過の概要について申し上げましたが、「地方創生、魅力ある地域づくり、行財政・職員の働き方改革及び情報技術の活用に関する総合的対策」につきましては、今後とも引き続き審査する必要がありますので、閉会中の継続審査事項として御決定くださいますようお願い申し上げまして、本委員会の報告を終わります。

お問い合わせ

議会事務局 議事課 委員会担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4922

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?