トップページ > しごと・産業 > 農業 > 農業政策 > 農業の6次産業化について

ページ番号:35671

掲載日:2021年12月1日

ここから本文です。

農業の6次産業化について

埼玉県任期付職員(農業職)の募集のお知らせ

専門家向け公募:「任期付職員(中小企業診断士)の募集」

埼玉県では、農業や農村のより一層の発展を図るため、農業の6次産業化(※1)の推進を図っています。農業経営や農産物のマーケティング等のスペシャリストを、普及指導員(※2)として次のとおり募集します。

(※1)農業の6次産業化

農業者が農産物の生産(1次産業)に加え、加工(2次産業)や流通・販売(3次産業)にも主体的に関わり、農業経営に新たな付加価値を取り込むことです。

(※2)普及指導員
農業者に直接接して農業技術の指導を行ったり経営相談に応じたり、農業に関する情報を提供し、農業者の農業技術や経営を向上するための支援を専門とする都道府県の職員です。

任期

令和4年4月1日~令和7年3月31日

業務内容

農業改良助長法に基づく普及指導員として、農林振興センターの普及指導員とともに県内農業の6次産業化を推進します。具体的な業務内容は次のとおりです。

  1. 農業経営改善のための現状分析や経営診断業務
  2. 経営発展のための事業提案等指導助言業務
  3. 会社設立、資金調達等の経営支援業務
  4. その他上記1~3に関連する業務

※詳しくは募集案内(PDF:339KB)をご覧ください。

応募資格

中小企業診断士の資格を有し、中小企業診断士として企業の経営指導等の実務経験がある人

応募方法

  1. 令和3年11月24日(水曜日)~令和4年1月7日(金曜日)【必着】までに、郵送または持参にて必要書類を提出してください。
  2. 封筒の表面には「任期付職員採用選考申込書」と朱書してください。
  3. 郵送される場合、簡易書留等によらない場合の事故については、責任を負いません。
  4. 持参される場合の受付時間は、平日午前9時から午後5時までです。

応募書類

応募書類の提出及び問合せ先

所在地:〒330-9301  さいたま市浦和区高砂3-15-1(埼玉県本庁舎5階)

担当:農林部農業ビジネス支援課  総務・企画担当

電話:048-830-4105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?