Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月19日

優良大規模事業所(トップレベル事業所等)認定

埼玉県では地球温暖化対策の推進の程度が特に優れた事業所を「優良大規模事業所(トップレベル事業所等)」として認定しています。

 

  1. 県内のトップレベル事業所等の認定状況
  2. 説明会
  3. 認定ガイドライン・認定基準(別ウィンドウで開きます)
  4. 申請書等様式集(別ウィンドウで開きます)

県内のトップレベル事業所等の認定状況

平成29年度

優良大規模事業所として、関東グリコ株式会社を「トップレベル事業所」に認定しました。同社は特に優れた省エネ・省CO2対策を進めてきた事業所で、その先進的な管理体制・設備整備・運用管理が高く評価されたものです。(詳しくは記者発表資料(PDF:185KB)をご覧ください。)

関東グリコ株式会社(平成29年度認定:トップレベル事業所)

この事業所は、従来の工場に比べてCO2排出量を25%削減する設計で建設されたグリコ最新鋭の工場で、主要商品「ポッキー」と「プリッツ」を製造しています。

トップレベル事業所に認定されることが、省エネ手法を学ぶ手段でもあるとの認識で取組を始めました。

そこで、高効率熱源機器の導入等設備面での省エネ対策を実施しました。また、事業所内のCO2削減委員会(温暖化対策推進者、エネルギー管理者、各職場委員で構成)及び技術課を中心に継続的な省エネ活動に取り組んでいます。

所在地:北本市中丸九丁目55

 交付式出席者の集合写真

レンゴー株式会社八潮工場長が上田知事を表敬訪問

先進的な省エネ・省CO2対策に取り組んでいただいているレンゴー株式会社八潮工場の西村修専務執行役員兼八潮工場長と取組の中心となった若手職員が上田知事を訪問し、工場における最新の省エネへの取組などについて報告を行い、その成果や今後の取組などについて意見交換を行いました。(詳しくは記者発表資料(PDF:38KB)をご覧ください。)

 レンゴー株式会社八潮工場長が上田知事を表敬訪問している様子

平成27年度

優良大規模事業所として、県内で初めてレンゴー株式会社八潮工場を地球温暖化対策の推進の程度が極めて優れた「トップレベル事業所」に認定しました。平成23年度に「準トップレベル事業所」に認定されていましたが、更に管理体制、設備整備、運用管理の向上を推進したことが高く評価され、「トップレベル事業所」として認定されました。(詳しくは記者発表資料(PDF:179KB)をご覧ください。)

レンゴー株式会社がトップレベル事業所認定証を授与されている様子写真

レンゴー株式会社八潮工場(平成27年度認定:トップレベル事業所)

段ボール原紙などの板紙を製造する工場で、国内最大の生産量と高品質を誇る大規模事業所です。

場内には、大型のバイオマス発電機、高効率コージェネレーションシステムを導入するなど、大規模な省エネルギーの施設整備が図られています。また、工場を全部署をあげて省エネルギー対策に取り組む組織体制が整備されています。

所在地:八潮市大字西袋330番地

平成23年度

優良大規模事業所として、次の2事業所を「準トップレベル事業所」に認定しました(県内初)。いずれも、制度開始以前から優れた省エネ・省CO2対策を進めてきた事業所で、その先進的な管理体制・設備整備・運用管理が高く評価されたものです。(詳しくは記者発表資料(PDF:218KB)をご覧ください。)

認定証授与式の様子

レンゴー株式会社八潮工場(平成23年度認定:準トップレベル事業所)

段ボール原紙などの板紙を製造する工場で、国内最大の生産量と高品質を誇る大規模事業所です。

場内には、5基の抄紙機などで使用する蒸気や電気を製造するための蒸気ボイラーや発電機が設置されていて、平成3年頃から大規模な設備投資を行い、省CO2対策が進められてきました。

また、工場の全部署をあげて省エネルギー対策に取り組む組織体制も整備され、現在でもなおCO2削減対策が続けられています。

所在地:八潮市大字西袋330番地

曙ブレーキ工業株式会社Ai-City(本社)(平成23年度認定(25年度再認定,28年度再認定):準トップレベル事業所)

自動車や鉄道などのブレーキや関連部品の製造・販売・研究開発を行っている曙ブレーキグループにおける中核的な施設で、現在は、主に本社機能や研究開発拠点として使用されている大規模事業所です。

同社は、地球環境問題を経営の最重要課題のひとつと捉え、地球規模の環境保全に努めています(同社CSR報告書から引用)。事業所内においても、高効率の発電機やボイラーなど、省CO2につながる設備整備が継続的に進められています。

また、設備の運用・保守管理にも重点がおかれ、その実績が高く評価されたことから、準トップレベル事業所の認定に結びつきました。

所在地:羽生市東五丁目4番地71

 

説明会

開催済の説明会

日時

会場

配布資料

平成23年10月17・18日

武蔵浦和合同庁舎・さいたま共済会館

平成25年3月12・13日

県庁第3庁舎講堂

平成25年度優良大規模事業所の認定申請について(PDF:4,142KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 計画制度・排出量取引担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

電話:048-830-3044

ファックス:048-830-4777

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?