トップページ > くらし・環境 > 人権 > LGBTQ > 埼玉県性の多様性を尊重した社会づくり条例について

ページ番号:218770

掲載日:2022年7月19日

ここから本文です。

埼玉県性の多様性を尊重した社会づくり条例について 新規・更新箇所

埼玉県では、全ての県民が互いの人権を尊重しながら共に生きる社会の実現を目指して取り組んでいます。LGBTQ(性的マイノリティ)の方の多くは、周囲からの差別や偏見を恐れ、当事者であることを隠し生活されており、見えないマイノリティと言われています。これまで長い間支援から取り残されてきており、多様性が尊重される時代において、直ちに対応すべき人権問題です。

このたび、埼玉県議会令和4年6月定例会において「埼玉県性の多様性を尊重した社会づくり条例」が成立し、令和4年7月8日から施行されました。

性の多様性を尊重した社会づくりに向けた取組を、県、県民、事業者の皆様とワンチームで進め、全ての人の人権が尊重される社会の実現を図ってまいります。

埼玉県性の多様性を尊重した社会づくり条例の概要新規・更新箇所

埼玉県性の多様性を尊重した社会づくり条例全文新規・更新箇所

埼玉県性の多様性を尊重した社会づくり条例に関するQ&A新規・更新箇所

 

※埼玉県では、「LGBTQ」を性的マイノリティを表す総称として表記しています。

お問い合わせ

県民生活部 人権・男女共同参画課 LGBTQ担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎3階

ファックス:048-830-4755

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?