ページ番号:174096

掲載日:2021年10月19日

ここから本文です。

LGBTQ(性的マイノリティ)について

県では、LGBTQ(性的マイノリティ)の方を含めあらゆる人に居場所があり、いきいきと活躍できる共生社会づくりを進めています。

LGBTQとは、レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(生まれた時の性別と自認する性別が一致しない人)、クエスチョニング(自分自身のセクシュアリティを決められない、分からない、または決めない人)など、性的マイノリティの方を表す総称のひとつです。

その他にも、エックスジェンダー(男性・女性のいずれかとは明確に認識していない人)などの様々なセクシュアリティの方がいます。

アライ(ALLY)の取組について

アライ(ALLY)とは、英語で「同盟」や「味方」を表す言葉で、性的マイノリティ(LGBTQ)を理解し、支援している人、または支援したいと思う人のことを指します。

県では、県はもとより、企業、県民の皆様がアライになるための取組を行っています。

県の取組一覧

レインボーカラーを活用したアライコバトン&さいたまっちマグネットステッカーの配布

県職員のための多様な性のあり方に関する対応ハンドブック

令和3年度LGBTQ県民講座(オンラインによる一般公開)

LGBT基礎知識ガイド

アライ(ALLY)の取組についてはこちら

埼玉県 多様性を尊重する共生社会づくりに関する調査の結果について

令和2年9月11日(金曜日)から10月4日(日曜日)の期間に、「埼玉県 多様性を尊重する共生社会づくりに関する調査」を実施しました。

埼玉県 多様性を尊重する共生社会づくりに関する調査の結果について

性的少数者のための相談案内カードについて 掲載日:令和3年2月

性的少数者の方が相談することのできる窓口をまとめた「性的少数者(LGBT)のための相談案内カード」(令和2年度版)を作成しました。

性的少数者(LGBT)のための相談案内カード(PDF:496KB)

性的少数者(LGBT)のための相談案内カード(両面印刷用)(PDF:1,032KB)

R2相談案内カード表紙

LGBTQに関する企業アンケート調査結果について 掲載日:令和3年1月

LGBTQにとって働きやすい職場づくりについて実態を把握するため、県内企業にアンケート調査を実施しました。 

(1)アンケート調査の概要

「LGBTQ(性的少数者)が働きやすい職場づくりに関するアンケート」

  • 調査対象:埼玉県内の企業・事業所 2,870社(※)
  • 調査方法:郵送配布・郵送回収法
  • 調査期間:令和2年7月10日(金曜日)~令和2年7月31日(金曜日)
  • 有効回収数:1,112社
  • 有効回収率:38.7%

※「公正採用選考人権啓発推進員」を置く事業所(常用従業員数が80人以上等)

(2)アンケート調査結果

埼玉県 多様性を尊重する共生社会づくりに関する調査について 掲載日:令和2年9月

令和2年9月11日(金曜日)から10月4日(日曜日)の期間に、「埼玉県 多様性を尊重する共生社会づくりに関する調査」を実施しました。

埼玉県 多様性を尊重する共生社会づくりに関する調査について

第155回簡易アンケート「性的少数者(LGBT)について」の結果について 掲載日:令和2年2月

令和2年1月9日(木曜日)から1月15日(水曜日)に行った「性的少数者(LGBT)について」の県政サポーターアンケートの結果を公表しました。

第155回簡易アンケート「性的少数者(LGBT)について」の結果について

公文書における性別欄の見直しについて 掲載日:平成31年3月

県の公文書における性別欄については、性的マイノリティの方が記入する際に抵抗を感じること等があるため、平成31年2月に全庁的に見直しを実施しました。

公文書における性別欄の見直し結果について(PDF:99KB)

関連リンク

埼玉県教育局人権教育課

お問い合わせ

県民生活部 人権推進課 企画・総務担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎3階

ファックス:048-830-4718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?