ここから本文です。

イベントレポート

20190713rogo

グリーン・ツーリズムから就農相談までを開催しました!

日時

2019年7月13日17時30分

場所

ふるさと回帰支援センター(東京交通会館4階)

 まずは「グリーン・ツーリズムからみる埼玉県」ということで埼玉県グリーン・
 ツーリズム推進協議会の毛塚理事長よりご説明いただきました。

3660

移住セミナー 埼玉県ではじめる森の暮らし森の仕事 Featuring 農のある暮らし飯能住まいを開催しました!

日時

2019年3月17日16時30分

場所

ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階)

その後、休憩をはさんで雑誌のTURNS企画/編集の須井直子さんをコーディネーターにお迎えして、「農のある暮らし飯能住まい」制度を活用して飯能市に移住した遠藤拓耶さん、毛呂山町に移住し、皮むき間伐で六次産業化を目指しフォレスターズプラスを立ち上げた松岡茂樹さん、飯能市で長年林業に携わっている井上淳治さんから「木と森との関わり方」というテーマでトークセッションを行っていただきました。

0209seminar1

移住セミナー「ときがわ・北本ではじめる“ちょこっと”農ある暮らし」を開催しました

日時

2019年2月9日17時30分

場所

ふるさと回帰支援センター

今回のセミナーは、「ちょこっと」という言葉がタイトルに入っているとおり、農業を生業とするだけではなくて、農業との関わりかたの多彩さを知ってもらい、自分に合った「農ある暮らし」を埼玉で見つけてもらいたい、というところから企画がスタートしました。
集落のそばに森がある「里山暮らし」が叶うときがわ町と、都市近郊で豊かな自然も多く残る「農ある暮らし」が叶う北本市をクローズアップして開催です。

mokujiki_tamago

農ある暮らし体験ツアー「北本で、埼玉1年生になる。」を開催しました

日時

2019年1月19日10時00分

場所

埼玉県北本市 野外活動センターほか

<農ある暮らし体験>
 3班にわかれ(1)専業農家の暮らし、(2)イマドキ兼業農家の暮らし、(3)雑木林を活用した暮らしを体験です。
(1)専業農家の暮らし
 にんじんなど露地野菜を中心に20ha近くの農地で農業経営する「内田農園」さんのお宅に伺い、旬の野菜の収穫体験です。
 内田さんは多品種の野菜を栽培しています。にんじん一つとっても色も形もさまざま。だいこんも種類によって抜き取る力の入れ具合が異なります。寒さも忘れて皆さん作業に集中です。こんな小さいお子さんも頑張って収穫しました。

tokigawa1

農ある暮らし体験ツアー 柚子を感じて、柚子を楽しむ!「今日は、柚子な日。」を開催しました

日時

2018年12月15日00時00分

場所

埼玉県比企郡ときがわ町 ときがわブルワリー

まずは、会場となる「ときがわブルワリー」周辺の柚子畑を散策です。今年は裏年かも、というお話もありましたが、そんなことを感じさせない立派な果実が実っていました。

3454-3

埼玉県比企エリアで見つけるあなたらしい暮らし2 農業・起業編 を開催しました。

日時

2018年12月2日12時30分

場所

東京都有楽町交通会館8階 ふるさと回帰支援センター セミナー室A

 まずはときがわ町起業支援施設管理者の関根雅泰さんからご自身の経験も含めて比企地域への移住体験を説明いただいた後、参加者に移住に関しての「聞きたいこと、知りたいこと」をポストイットに書き出してもらう作業を行ってもらいました。
 関根さんのスムーズな進行もあり、参加者の皆さんからざっくばらんな質問がたくさんあげられ、なごやかなペースでセミナーは進行。
 

181006hasuda_seminar

埼玉県東部で挑戦!野菜・果物就農セミナー~はすだ暮らしのススメ~を開催しました

日時

2018年10月6日17時00分

場所

ふるさと回帰支援センターセミナー室A(東京都千代田区)

当日は移住・就農を希望される方11名にお集まりいただきました。はじめに、蓮田市職員から、都心までのアクセスや、住まい、子育ての環境、梨を始めとする農産物の紹介など、蓮田市の魅力について紹介しました。

「飯能で半農ライフセミナー」を開催しました。

日時

2017年12月3日11時30分

場所

ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)

飯能市は、西武鉄道で池袋から48分。運賃もワンコインで足ります。また、西川材(埼玉県西部を流れる高麗川、名栗川、越辺川流域で生産される優良木材)の産地として知られ、武州飯能うどん、地酒「天覧山」など、食通をうならせる名産品もあり、かねてから交流人口の増加を図るエコツーリズム(地域の自然や歴史・文化、暮らしを体験しながら楽しく学ぶ新しい旅の形)に力を入れてきました。その飯能市が定住人口の増加をも視野に入れながら、農のある暮らしを支援する移住政策をスタートさせました。今回のセミナーは、こうした飯能市の取組を広く情報発信するため開催したものです。

「秩父市でいつまでも自分らしく暮らすセミナー」を開催しました。

日時

2017年11月11日17時30分

場所

ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)

セミナー全体の流れは、「秩父市はこんなまち」からスタートし、その中で、生涯学習のまちづくり構想やお試し住宅の取組が紹介されました。続いて、秩父市地域おこし協力隊の塩川佳恵さんから秩父市での暮らしの体験談、最後は座談会も行いました。

就農支援セミナーを開催しました。

日時

2017年10月27日17時00分

場所

ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)

セミナー全体の流れは、まず県と埼玉県農林公社の就農支援担当者から、公的な支援策の概要について説明させていただきました。次に、本県で既に就農し活躍しておられる移住者2名から就農の体験談や、現在の「農ある暮らし」について御発表いただき、さらに、ゲストスピーカーを囲んでの座談会、最後に、県・農林公社・埼玉県農業会議の就農相談員による個別就農相談も実施しました。

「比企起業塾」キックオフセミナーを開催しました。

日時

2017年9月30日17時30分

場所

ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)

比企地域を所管する川越比企地域振興センター東松山事務所が、ときがわ町への移住者であり、現在、比企起業塾を主催するときがわカンパニー合同会社代表の関根雅泰さんと連携して開催しました。
ときがわカンパニー合同会社は、ときがわ町で起業しようとする方々を、研修などを通じてサポートする仕事を行っています。今回のセミナーは、これから始まる一連の研修のスタートに当たり、まさに、キックオフの意味合いを持って開催されたものです。6組7名の皆さんにご参加いただきました。

「秩父の農ある暮らしセミナー」を開催しました。

日時

2017年8月20日16時00分

場所

ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)

セミナーは、「一般社団法人 秩父地域おもてなし観光公社」の地域マネージャ―保泉友美さんによる、祭りの国「ちちぶ」の魅力紹介から始まりました。プロジェクターを使って、各地域の観光スポットや伝統行事、また、人々の暮らしぶりなどが余すところなく紹介され、ちょっとした旅気分を味わうものとなりました。

今年度第1回目の埼玉移住セミナーを開催しました。

日時

2017年4月23日11時30分

場所

ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)

「移住・交流・農ある暮らしセミナー」を開催しました。

日時

2017年7月1日12時30分

場所

ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)

セミナー全体の流れは、まず1市2町の魅力を市町の職員から紹介するとともに、それぞれの市町に新規参入して農業を営んでいる3人の方々をゲストスピーカーとしてお招きしお話を伺いました。最後にゲストスピーカーを囲んで車座座談会も実施しました。