Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 学校教育 > 小中学校 > 埼玉県学力・学習状況調査

教育委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月29日

埼玉県学力・学習状況調査        

県教育委員会では、子供たちが現在の実力を知り、「どれだけ自分が伸びたか」を実感し、自信を深めていくことを大切にしたいと考えています。 

そして、自信を持った子供たちが、自分をさらに伸ばし、自分のよさを活かしていけるような教育を進めていきたいと考えています。本調査は、「学習した内容がしっかりと身に付いているのか」という今までの視点に、「一人一人の学力がどれだけ伸びているのか」という視点を加えることで、子供たちの成長していく姿が見える、全国でも初めての調査となります。

また、本調査では子供たちの、「学力の伸び」を測ることができる「教科に関する調査」、学習に対する意欲や学習方法、さらに家庭での生活習慣等に関する「質問紙調査」のほかに、各教育委員会や各学校の取組についての「質問紙調査」も実施しています。

「学力の伸び」は、子供たちの1年間の学習成果であるとともに、教育委員会や学校の取組の成果でもあります。埼玉県学力・学習状況調査で示す、子供の「学力の伸び」と「教育委員会や学校の取組の変化」の関係を検証することで、今まで以上に取組の効果を確かめることができると考えています。kobaton

保護者用リーフレット

leaflet1 leaflet2

表面(PDF:1,356KB)          裏面(PDF:1,169KB)

県教委だより - 号外 -

goukaiP1

 (PDF:1,023KB) 

 

埼玉県学力・学習状況調査に関するお知らせ

教科に関する調査問題の「復習シート」

平成30年度(平成30年4月12日実施) 

平成29年度(平成29年4月13日実施) 

平成28年度(平成28年4月14日実施) 

平成27年度(平成27年4月16日実施) 

 

埼玉県学力・学習状況調査のデータ活用事業

県教育委員会では、児童生徒の学力向上のための指導改善を進めるため、県学力・学習状況調査のデータを、統計学や教科教育の専門的知見を有する研究機関へ提供し、分析を行っています。 

平成29年度の分析結果

平成28年度の分析結果

 

「埼玉県学力・学習状況調査」を軸にした学力向上コンソーシアム

本県が独自に実施する「埼玉県学力・学習状況調査」は、OECD(経済協力開発機構)などからも注目されています。この調査の結果を活用した学力向上策等について意見交換を行い、子供たち一人一人の力を伸ばす教育を推進するため、本調査に関心のある自治体や企業などによるコンソーシアムを立ち上げました。

コンソーシアムの概要

 

開催日

会議資料

会議概要

第1回

平成29年12月21日(木曜日)

(PDF:463KB)

(PDF:11KB)

第2回

平成30年 2月15日(木曜日)

(PDF:8,620KB)

(PDF:248KB)

第3回

平成30年 7月13日(金曜日)

(PDF:86KB)

 (PDF:547KB)

 

「埼玉県学力・学習状況調査」がプラチナ大賞の次世代育成賞を受賞 

平成30年10月25日(木曜日)に開催された、プラチナ構想ネットワーク・プラチナ大賞運営委員会主催の「第6回プラチナ大賞」最終審査会において、本県が実施する「埼玉県学力・学習状況調査」に関する取組が次世代育成賞を受賞しました。

表彰式の様子

 4 

左から順に、吉川弘之プラチナ大賞審査委員長、小松弥生教育長、石井宏明参事兼義務教育指導課長、小宮山宏プラチナ構想ネットワーク会長

参考

プラチナ大賞

イノベーションによる新産業の創出や、アイディア溢れる方策によって地域の課題を解決し、「プラチナ社会」の目指す社会を体現している全国各地の取り組みを賞として称え、広く社会に発信し、「プラチナ社会」実現に向けたビジョンや具体的なアクションの理解・浸透を図るアワードです。

選定経過

平成30年9月7日(金曜日)に行われたプラチナ大賞審査委員会(委員長:吉川弘之元東京大学総長)による一次審査の結果、全国の自治体や企業等48団体の応募の中から、14団体の取組が選出されました。

平成30年10月25日(木曜日)の最終審査会では、各団体の首長や企業経営トップ等によるプレゼンテーションが行われ、最終審査により各賞が授与されました。

 

 ※詳細は後日プラチナ構想ネットワークのホームページに掲載される予定です。

http://www.platinum-network.jp/pt-taishou/award.html

 

シュライヒャー・アンドレアスOECD教育・スキル局長が表敬訪問

 平成29年7月3日(月曜日)に、OECD(経済協力開発機構)の教育部門のトップであるシュライヒャー・アンドレアスOECD教育・スキル局長が、知事及び教育長を表敬訪問しました。埼玉県が独自に実施する県学力・学習状況調査について高い評価をいただきました。

概 要

<日時>

平成29年7月3日(月曜日) 13時50分~14時35分

<出席者>

【OECD】

  • シュライヒャー・アンドレアスOECD教育・スキル局長

【文部科学省】

  • 高木 秀 人 初等中等教育局学力調査室長
  • 鶴岡 泰二郎 大臣官房国際課国際機関係長

【埼玉県】

  • 上田 清 司 知事

【埼玉県教育委員会】

  • 小松 弥 生 教育長

当日の様子

 知事表敬(知事とシュライヒャー局長) 知事表敬(知事とシュライヒャー局長と教育長) 

シュライヒャーOECD教育・スキル局長と上田清司知事、小松弥生教育長の記念撮影

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育局 義務教育指導課   学力向上推進・学力調査担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎4階

電話:048-830-6749

ファックス:048-830-4962

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?