ページ番号:212828

掲載日:2022年3月25日

ここから本文です。

文化部活動について

1 文化部活動に係る事業内容

学校や地域が、地域の文化施設や文化芸術団体、芸術系教育機関等と連携し、子供たちが身近な地域で多様な文化芸術活動に親しむための持続可能な環境整備を図るため、文化部活動の地域移行を視野に入れることも必要となってきます。
各学校や自治体においては、様々な変化に対応し、地域との連携も視野に入れた適正な文化部活動の位置付けや運営について、工夫と改善を図る必要があります。以下の手引を参考にしてください。

文化部活動の効率的・効果的な指導についての手引(文化部活動のQ&A)令和3年3月 埼玉県教育委員会(PDF:1,318KB)

2  外部人材を活用した文化部活動について

⑴ 文化部活動 部活動指導員活用事業

 この補助金は、中学校の文化部活動に部活動指導員の配置を行う場合において、その経費の一部を補助し、もって学校教育活動の一層の充実及び教員の働き方改革の実現を図ることを目的としています。

 ・文化芸術振興費補助金(中学校における部活動指導員の配置支援事業)交付要綱(国) 

 ・文化部活動指導員活用事業補助金交付要綱(県)

 ・文化部活動指導員活用事業補助金交付要綱実施細目(県)

 ◎部活動指導員とは、部活動の指導者として、市町村が任用します。各市町村教育委員会の担当に部活動指導員の募集についてお問合せください。
 

⑵ 文化部活動インターンシップ

 部活動インターンシップ事業は、埼玉県の教員を目指す大学生や非常勤講師を対象としています。謝金や交通費を支給しないボランティア活動となります。
年間10回程度の指導回数を修了した者には、県教育委員会が修了証を交付します。交付を受けた者は、教員採用選考試験志願書のボランティア活動欄にその旨を記載
できます。詳細については、こちら(PDF:660KB)のパンフレットをご覧ください。

   ・文化部活動インターンシップの募集ページ

 

⑶ 地域文化倶楽部(仮称)の創設に向けた実践研究

 子供たちが身近な地域で学校の文化部活動に代わりうる継続的で質の高い多様な文化芸術活動の機会を確保できるよう、学校や地域が地域の文化施設や
文化芸術団体、芸術系教育機関等との連携により、文化部活動の地域移行に向けた体制構築や持続可能な文化芸術活動の環境整備を行うためのモデル事業

です。

 ・令和3年度は、白岡市に文化部活動についての実践研究をしていただいております。

 ・地域部活動推進事業と地域文化倶楽部(仮称)創設支援事業があります。

 ・詳細については、文化庁ホームページをご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

教育局 義務教育指導課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎4階

ファックス:048-830-4962

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?