Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 教育 > 教職員 > 教員免許 > 教員免許の申請手続 > 教員免許状取得のための授与申請 > 教員免許申請「免許法附則第18項による幼稚園教諭免許状の申請」

教育委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月24日

教員免許申請「免許法附則第18項による幼稚園教諭免許状の申請」

制度の概要

認定こども園法の改正により、新たな「幼保連携認定こども園」が平成27年度から創設されました。
この制度の円滑な移行を進めるため、特例として保育士の資格を持ち、保育士等として一定の実務経験がある方は、通常よりも少ない単位数で幼稚園免許状が取得できる(※)ようになりました。

※新たな「幼保連携型認定こども園」制度の施行から5年間(平成32年3月までの予定)に限ります。
※令和7年3月までの延長となりました。 

制度の概要に関するQ&Aは以下のリンクを参照してください。

文部科学省ホームページ(幼稚園教諭免許状授与の所要資格の特例に関するQ&A)

【保育士等に対する幼稚園教諭免許状の特例】

免許状

基礎資格

保育士等としての実務経験(※1)

大学において修得することが必要な最低単位数(※2・3)

1種免許状

学士の学位を有し、かつ、指定保育士養成施設を卒業していること、又は保育士試験に合格していること

3年かつ勤務時間の合計が4,320時間以上の場合

8単位

2種免許状

指定保育士養成施設を卒業していること、又は保育士試験に合格していること

3年かつ勤務時間の合計が4,320時間以上の場合

8単位

※1保育士等としての実務経験について

(1)以下の学校・施設等における実務経験が必要です。

  • 幼稚園(特別支援学校の幼稚部を含む)において、専ら幼児の保育に従事する職員
  • 保育所
  • 公立の認可外保育施設
  • 認定こども園
  • へき地保育所
  • 幼稚園併設型認可外保育施設
  • 認可外保育施設(認可外保育施設指導監督基準を満たすもの)

(2)特例を受けるための実務経験は通算3年以上(勤務時間の合計が4,320時間以上)であることが必要です。

すでに実務経験が通算3年以上(勤務時間の合計が4,320時間以上)ある場合は、現在、保育士等の実務経験
対象の職に就いていなくても免許状の申請ができます。

※2単位の修得ができる大学は、以下のリンクを参照してください。

文部科学省ホームページ(特例対象講座・科目の開設(予定)大学)

※3単位の修得方法は、以下を参照してください。

単位修得方法(PDF:161KB)(こちらの一覧表に記載された科目内訳を含む授業を大学等で履修してください。)
※開設している科目によっては、最低修得単位数を超えることがあります。

申請可能な方

埼玉県教育委員会に申請可能な方は、次のいずれかです。

  • 埼玉県にお住まいの方
    (埼玉県在住で他の都道府県に教員として勤務している方は、勤務先の所在する都道府県教育委員会に御相談ください。)
    ただし、10年以上前に他の教員免許状を取得したことがある場合は、必ず事前に御相談ください。 

申請に必要なもの

必要書類

注意事項

教育職員免許状検定授与願(様式第5)(PDF:84KB)(記入例)(PDF:101KB)

  • 氏名欄は原則として戸籍どおり記入してください。
  • 手数料欄には、埼玉県収入証紙(下記のとおり)を過不足なく貼付してください。
  • 根拠法令の欄は、不明の場合、空欄可。

手数料(免許状1種類につき埼玉県収入証紙5,000円)

収入印紙は不可

 

履歴書(様式第2)(PDF:5KB)(記入例)

  • 学歴欄は高等学校から記入してください。
  • 職歴欄は勤務先、勤務期間及び職名が分かるように記入してください。
  • 1枚に記入しきれない場合、2枚以上にわたって記入してください。

卒業証明書

  • 1種免許状申請の場合は、4年制大学の卒業証明書。
  • 2種免許状申請の場合は、高等学校以上(専門学校のものは不可)の卒業証明書。

学力に関する証明書(単位修得を証明するもの)

  • 大学等で発行される、免許状申請専用の単位修得証明書です。
  • 成績証明書や修得単位一覧等ではありませんので、単位修得先に申請する際は御注意ください。
  • 2以上の大学で単位を修得した場合は、それぞれの大学等から証明を受けてください。

保育士証の写し又は保育士資格証明書

指定保育士養成施設卒業証明書、保育士試験合格通知書の写しも可とします。

人物に関する証明書(様式第7)(PDF:62KB)

  • 現在勤務している施設の所属長等により、役職印(公印)による証明を受けてください。私印(認印)による証明は不可とします。
  • 証明日から6か月以内のものを提出してください。

実務に関する証明書(PDF:115KB)

  • 3年以上(勤務時間の合計が4,320時間以上)の在職について証明書を提出してください。
  • 施設の設置者(所属長等)により、役職印(公印)による証明を受けてください。私印(認印)による証明は不可とします。
  • 在職した施設が複数にまたがる場合は、それぞれの施設での証明が必要です。
  • なるべく、現任園または直近の勤務園を含めて証明を受けてください。

身体に関する証明書(様式第8)(PDF:72KB)

  • 医師により証明を受けてください。
  • 証明日から3か月以内のものを提出してください。
  • 埼玉県内で、学校、教育委員会事務局又は教育機関のいずれかに常勤で勤務する者が申請する場合、提出は不要です。 

教員免許状の写し(教員免許状を持っている方のみ)

  • 既に教員免許状を所持している場合のみ、所持する全ての免許状の写し(免許状授与証明書も可)を添付してください。
免許更新修了証明書の原本(右記に該当する場合のみ)
  • 10年以上前に他の教員免許状を取得したことがある場合

※該当する場合は必ず事前に御相談ください。

更新関係手続証明書の写し(過去に教員免許更新関係手続を行なったことがある方のみ)

更新講習修了確認証明書、修了確認期限延期証明書、免許状更新講習免除証明書等の写しを添付してください。

※上記証明書を紛失した場合は、お持ちの全ての免許状について、授与された都道府県教育委員会が発行する「教員免許状授与証明書」を添付してください。

戸籍抄本

証明日から3か月以内のものを提出してください。

返信用封筒

(450円分の切手を貼付した角2封筒)

※同時に5種類以上の免許状を申請する場合、515円分の切手が必要です。

 

返信先住所・氏名をあらかじめ記載してください。

ページの先頭へ戻る

申請の方法

申請の方法は、次のとおりです。

来庁による申請

埼玉県庁第二庁舎4階 教職員採用課総務・免許担当で受付しています。

受付時間 平日8時45分~11時30分、13時00分~16時30分

受付場所 埼玉県教職員採用課 総務・免許担当(埼玉県庁第二庁舎4階)

県庁へのアクセスはこちらで御確認ください。
県内の市町村立学校教員(さいたま市を除く)の場合、管轄の教育事務所でも受付しています。

ページの先頭へ戻る

免許状申請から発送まで

免許状は、申請されても即日発送はできません。
教員免許の申請から実際の発送まで、下記の授与年月日(免許状に記載される発行日)から約1~2か月かかります。

申請書類の受付月日

授与年月日

4月から2月

1日から14日受付

受付月の15日

15日から月末受付

受付月の翌月1日

3月

1日~14日受付

3月15日

15日~30日受付

3月31日

31日受付

4月15日

※受付日が土曜日・日曜日・祝日等の場合は、前日の開庁日までに申請してください。

授与年月日から免許状の郵送までの間に、公的な証明書はお出ししておりません。
ただし、埼玉県内の公立学校で採用が内定している方に対しては、申請受付時に受領印を申請書に押印し、コピーをお渡しします。該当する方は窓口でお申し出ください。

埼玉県内で公立以外の学校に勤務している方、その他、埼玉県教育委員会に申請しなければならない特段の事情がある方は、事前に任用予定先に御相談ください。希望される場合は上記のコピーをお渡しできますので、申請時にお申し出ください。

ページの先頭へ戻る

その他

申請にあたり、必要書類を上記からダウンロード(印刷)ができない場合は、窓口で直接お受取りください。

埼玉県庁第二庁舎4階教職員採用課総務・免許担当で配布しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育局 教職員採用課 総務・免許担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎4階

電話:048-830-6674

ファックス:048-830-4973

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?