トップページ > 文化・教育 > 教育 > 教職員 > 教員免許 > 教員免許の取得 > 教員免許申請「免許法別表第2イによる申請」(養護教諭)

教育委員会

ここから本文です。

ページ番号:26840

掲載日:2022年8月3日

教員免許申請「免許法別表第2イによる申請」(養護教諭)

教員免許トップページへ

 

教員免許申請は原則として、郵送で御申請ください。

チェックリスト(PDF:260KB)を必ず御確認いただき、不備のないよう御申請ください。

申請書類に不備があった場合、電話又は郵便にて不備書類の追加提出等を御連絡します。
教職員採用課総務・免許担当(電話番号048-830-6674)からの着信があった場合は、平日8時30分~12時00分又は13時00分~17時15分に折り返しの御連絡をお願いします。
不備がなくなった時点で申請書控えをお送りします。控えの発送をもって申請完了となります。

教員免許に関する質問はこちら

申請の方法

原則として、郵送で御申請ください。

郵送による申請

次の宛先まで送付してください。

〒330-9301(住所不要)埼玉県庁第二庁舎4階 教職員採用課総務・免許担当あて

来庁による申請

来庁して申請しなければならないやむを得ない事情がある場合は、ページ下部の「お問い合わせフォーム」から御連絡ください。

来庁の場合の受付時間はこちらで御確認ください。⇒教員免許トップページ

来庁して申請した場合でも、申請受理から免許状受取までにかかる時間は郵送による申請と変わりません(申請から免許状発送までの期間参照)。

ページの先頭へ戻る

申請に必要な書類

※特に記載がない場合、証明書等は全て原本を御提出ください。

※申請書類記載事項の偽りやその他不正の手段により免許を取得した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。

必要書類

注意事項

申請チェックリスト(PDF:262KB)

 

教育職員免許状授与願(様式第1)(PDF:163KB)

  • 氏名欄は原則として戸籍どおり記入してください。

 免許状に旧姓・通称名の併記を希望する場合は、こちらを御覧ください。
 →免許状氏名の旧姓・通称名併記について(PDF:89KB)

  • 根拠法令の欄は「免許法第5条第1項別表第2」です。
  • 複数の教員免許を申請する方は、それぞれに授与願及び手数料が必要です。
  • 手数料欄には、埼玉県収入証紙を過不足なく貼付してください。

手数料
(免許状1種類につき埼玉県収入証紙3,300円)

 

履歴書(様式第2)(PDF:229KB)

  • 学歴欄は高等学校から記入してください。
  • 職歴欄は勤務先、勤務期間及び職名が分かるように記入してください。
  • 1枚に記入しきれない場合、2枚以上にわたって記入してください。

卒業(修了)証明書

※学位記や卒業証書のコピーではありません

  • 学力に関する証明書に、下記の基礎資格の記載がある場合、提出は不要です。
    「卒業(修了)年月日、学部・学科・専攻名、学位」
  • 専修免許状申請の場合は、大学院又は専攻科の修了証明書
  • 1種免許状申請の場合は、4年制大学の卒業証明書
  • 2種免許状申請の場合は、大学、短大、教員養成機関の卒業証明書

上記以外の場合は事前にお問合せください。

「学力に関する証明書」

※成績証明書や修得単位一覧ではありません

  • 大学等で発行される、免許状申請専用の単位修得証明書です。  
  • 平成 31年3月31日以前から大学等に在籍している方は「旧法」で発行を依頼してください。
  • 平成12年3月31日以前に大学等に在籍していた方は、旧法より古い法令が適用になることがあります。
    適用法令が不明な場合は、「学力に関する証明書」取得前にお問合せください。
  • 再授与申請の場合は、大学等に入学年度を伝え、在学当時に適用されていた法令に従った様式で作成を依頼してください。
  • 複数の大学等にまたがって単位を修得している場合、下記()を御参照ください。

教員免許状の写し
※既に他の教員免許状を所持している場合

過去に更新・延期・免除・回復手続を行ったことがある場合は、その証明書の写し

  • 前回手続時に都道府県から渡された教員免許更新等に関する証明書を提出してください。
  • 証明書を紛失した場合は、最も古い免許状について、免許状を授与した都道府県教育委員会が発行する「教員免許状授与証明書」を提出してください。

戸籍抄本

  • 証明日から3か月以内のものを提出してください。

返信用封筒(免許状送付用)

(460円分の切手を貼付した角2封筒)

※同時に5種類以上の免許状を申請する場合、
 530円分の切手が必要です。

  • 返信先住所・氏名をあらかじめ記載してください

返信用封筒(控え用)

(84円分の切手を貼付した長3封筒)

※窓口で直接申請する場合は不要です。

  • 返信先住所・氏名をあらかじめ記載してください。
  • 書類が受理された証として、授与予定年月日を押印した授与願の写しをお送りします。なお、申請書類に不備がある場合、不足書類の案内を送付するために使用することがあります。

※申請にあたり、必要書類を上記からダウンロード(印刷)ができない場合は、下記を御覧ください。
Q&A:申請書類は、どのようにして入手すればよいですか?

※複数の免許状を同時に申請する場合は、下記を御覧ください。
Q&A:複数の免許状を申請したいのですが、申請書類は1部でよいですか?

学力に関する証明書の取得について

1. 2つ以上の大学等で、申請する教員免許用の単位を修得した場合

→それぞれの大学等から「学力に関する証明書」を受けてください。

例:A大学を、養護教諭用の単位を一部修得して卒業し、B大学で残りの単位を修得

A大学及びB大学、双方から養護教諭用の「学力に関する証明書」が必要

2. 卒業大学等で既に他の教員免許状を取得し、一部の単位を流用している場合

→取得済みの教員免許用の「学力に関する証明書」が併せて必要です。

例:A大学を卒業して小学校1種免許状を取得し、単位を流用してB大学で養護教諭用の単位を修得

  • A大学からは、小学校教諭1種用の「学力に関する証明書」が必要
  • B大学からは、養護教諭用の「学力に関する証明書」が必要

3. 卒業大学等で文部科学省令に定める科目(日本国憲法、体育、外国語コミュニケーション、情報機器各2単位)のみ修得し、別の大学で残りの単位を全て修得した場合

→上記の4科目各2単位について、併せて証明が必要です。

例:A大学を上記の科目のみ修得して卒業し、B大学で養護教諭の免許に係る単位を全て修得

  • A大学から、学力に関する証明書ないし基礎科目の証明書が必要
  • B大学から、養護教諭用の学力に関する証明書

※適用法令(「新法」「旧法」など)について

新法:教員免許を取得できる大学等に平成31年4月1日以降に在籍を開始し、必要単位などの取得条件を揃えた場合
旧法:教員免許を取得できる大学等に平成31年3月31日以前から在籍しており、その在籍期間中に必要な単位などの取得条件を揃えた場合

平成31年3月31日から在籍していたA大学の在籍中にB大学の在籍を開始し、B大学の在籍が途切れる前に必要単位などの取得条件を揃えた場合は、「旧法」が適用になります。
A大学を卒業後、平成31年4月1日以降にB大学に在籍を開始して単位を修得した場合は「新法」が適用になります。

「学力に関する証明書」は、新法又は旧法に全て合わせてください。
例:A大学の在籍が旧法の時期であっても、B大学の在籍開始時期から新法が適用となる場合は、A大学B大学ともに新法の「学力に関する証明書」を取得してください。

再授与申請や平成12年3月31日以前に大学等へ在籍開始した場合は、「旧法」よりも古い法令が適用になることがあります。
複数の大学等で単位を修得していた場合は、お問合せください。

ページの先頭へ戻る

申請から免許状発送までの期間

免許状は、申請されても即日発行はできません。
教員免許の申請から実際の発送まで、下記の授与年月日(免許状に記載される発行日)から約1~2か月かかります。

申請書類の受付月日

授与年月日

4月から2月

1日から14日受付

受付月の15日

15日から月末受付

受付月の翌月1日

3月

1日~14日受付

3月15日

15日~31日受付

3月31日

※受付日が土・日・祝日等の場合は、前日の開庁日までに申請してください。

授与年月日から免許状の郵送までの間に、公的な証明書はお出ししておりません。

お問い合わせ

教育局 教職員採用課 総務・免許担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎4階

ファックス:048-830-4973

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?