トップページ > くらし・環境 > 環境・エコ > エネルギー政策・温暖化対策 > 事業者支援 (融資・補助制度) > 令和5年度 CO2排出削減設備導入補助金【緊急対策枠】(令和6年1月募集開始分)

ページ番号:246396

掲載日:2024年2月20日

ここから本文です。

令和5年度 CO2排出削減設備導入補助金【緊急対策枠】(令和6年1月募集開始分)


お知らせ

  • 2024.2.1  募集期間を延長します。New!!
  • 2024.1.26  募集要領に電子申請システムのURLを記載しました。
  • 2024.1.24  電子申請の操作マニュアル・よくある質問(Q&A)を掲載しました。
  • 2024.1.10  募集要領、様式を掲載しました。  
  • 2023.12.26  緊急対策枠(令和6年1月募集開始分)を募集します。概要等を掲載しました。

令和5年度 CO2排出削減設備導入補助金【緊急対策枠】(令和6年1月募集開始分)の概要

県内中小企業等のエネルギー価格変動に対応できるよう中小企業等の体質改善を図るとともにエネルギー使用量及びCO2排出量の
削減のため、空調設備、ボイラー等の高効率タイプへの更新や、太陽光発電設備の新設などCO2排出削減設備の導入に要する経費の一部を補助します。

申請方法

申請は、電子申請で行います。(以下の入口は、1月29日(月)9時から開放します。)
※1月29日(月)9時から1月31日(水)17時までは申請の状況に関わらず、申請を受け付けます。
※1月29日(月)から1月31日(水)までの補助金申請額が予算額に達しなかったため、2月1日(木)以降も申請を受け付けます。
なお、2月1日以降は、予算の範囲内で原則先着順で受付を行います。
(ただし、予算額を超えた日の申請については、抽選により対象者及び補欠者を決定します。)
受付時間(9時~17時(土日祝日を除く))

※郵送・電子メール・ファクシミリ・持参での受付は行いません。

denshi_shinsei(別ウィンドウで開きます)

〇電子申請システムの操作やマニュアルに関するお問い合わせは、
令和5年度CO2排出削減設備導入補助金事務局(委託先:東武トップツアーズ株式会社)で受け付けています。
電話番号:050-6875-7560(平日9時から17時まで)

〇電子申請の操作マニュアルは以下のリンクからご覧ください。
電子申請システムの操作マニュアル(PDF:1,703KB)(別ウィンドウで開きます)

概要

対象者

民間事業者(埼玉県内で1年以上事業活動を営んでいる法人及び個人事業主。ただし、会社にあっては、埼玉県中小企業振興基本条例(平成14年12月24日条例98号)第2条(別ウィンドウで開きます)の中小企業の規定に基づく中小企業者に限る。)

詳しくは、ページ下部の注記をご参照ください。

対象事業所

  • 申請時点で1年以上(再生可能エネルギー利用設備を設置する場合は1か月以上)稼働している事業所
    ※複数の事業所で補助事業を行う場合には、事業所ごとに申請が必要です。
  • 自ら所有又は賃貸借している事業所
  • 住居兼事業所の場合、住居部分は対象となりません。
    (例:再生可能エネルギーの利用設備を設置する場合で、エネルギー使用量のメーター等が1つのみで事業所用と居住用とで
    分かれていない場合、住居部分を区別できないため、補助金の対象とはなりません。)
    (例:事業所部分と居住部分が混在している場所に更新設備がある 等))

対象事業

CO2排出量を削減するために必要な設備整備

  • 高効率省エネルギー設備への更新
    [例]空調設備・ボイラー・コンプレッサー・変圧器・冷凍冷蔵設備等の高効率化など  ※照明設備は対象外
    (既存設備は15年以上使用していると認められる設備であること)
    高効率設備への更新に限る
     
  • CO2排出量の少ない燃料等を使用した設備への更新等
    [例]ボイラーの都市ガスやLPG等への転換・ヒートポンプ化やコジェネレーション設備・インバータ制御等の導入、など
    設備の更新の場合は、高効率設備への更新に限る
     

★補助対象となる高効率設備  確認用フロー図(以下のリンクからご確認ください)

  確認用フロー図(PDF:129KB)(別ウィンドウで開きます)

*「高効率設備」:以下の3つのいずれかに該当する設備>
(1)省エネ法のトップランナー基準を達成している設備

対象設備 確認方法

・空調設備・電気冷蔵庫
・電気冷凍庫
・ガス温水機器
・石油温水機器
・ヒートポンプ給湯器
・変圧器
・交流電動機(モーター)

省エネ法(エネルギーの使用の合理化及び非化石エネルギーへの転換等に関する法律)に
基づいて定められた基準達成率100%以上の設備であることを、カタログ等で確認してください

(表示例)
家庭用の場合:以下のマークが表示
toprunner_mark

※業務用の場合は統一のマークはありませんが、「省エネ基準値クリア」等の表示があります


(2)経済産業省所管「省エネルギー投資促進支援事業費補助金(C)指定設備導入事業」(令和4年度補正予算)の補助対象設備(指定設備)

対象設備 確認方法
・空調設備
・産業ヒートポンプ
・給湯器
・変圧器
・冷凍冷蔵庫
・産業用モータ
・ボイラ・コージェネレーション
・コンプレッサー
・工作機械
・プラスチック加工機械
・プレス機械・ダイカストマシン
・印刷機械  等

以下のホームページで、設備の型番が登録・公表されていることを確認してください。
https://sii.or.jp/shitei04r/search/(別ウィンドウで開きます)


(3)その他の設備

対象設備 確認方法

(1)、(2)以外の設備(設備の種類として登録されていないもの)

※(3)で対象となる設備は(1)、(2)で対象となっていない種類の「設備」です。設備の「型式」ではありません。
例えば、空調やボイラーで(1)、(2)に該当がない「型式」の場合、(3)で対象設備とすることはできません。

一般的な設備と比べ10%以上の省エネ改善効果が確認できることを、任意様式で証明してください。

 

  • 再生可能エネルギーの利用設備の導入

[例]太陽光発電設備、バイオマス発電設備、小水力発電設備、再エネ設備と組合せた蓄電池など

※全量売電目的は対象外
※太陽光発電設備の導入は蓄電池の設置を伴うものに限る
(既存の太陽光発電設備に蓄電池のみ新規設置することは可能)

補助率・補助上限

  1/2以内、500万円

申請受付期間

1 受付期間  令和6年1月29日(月)~1月31日(水)(受付時間:9時~17時)
※受付期間中に申請額の合計が予算額に達しなかったため、2月1日(木)以降も
申請を受け付けています。

 

2 受付方法

(1)受付は原則抽選です。

受付期間(令和6年1月29日(月)~1月31日(水))の申請額の合計が予算額を超えた場合は、
すべての申請を抽選し対象者及び補欠者を決定します。また、必要に応じ補欠者の受付を行う場合があります。
*「補欠者」:対象者のうち補助の辞退等があった場合、繰り上がって補助対象となる可能性がある者

 

2月1日(木)(9時~17時(土日祝日を除く))以降、予算の範囲内で原則先着順で受付を行います(ただし、予算額を超えた日の申請については、抽選により対象者及び補欠者を決定します)。また、必要に応じ補欠者の受付を行う場合があります。
〈参考2〉2月2日(金)に予算に達した場合の一例
flowchart2

(2)受付は電子申請のみで行います。
 電子メール、郵送、ファクシミリ、持参等、県が指定する電子申請システムによらない申請は、受け付けません。

補助対象経費

設備費

設備費、必要不可欠な付属機器

工事費

労務費、設計費、材料費、消耗品・雑材料費、直接仮設費、

試験調整費、立会検査費、機器搬入費 等

[対象外経費]能力増強に係る経費、撤去費、移設費、処分費、通信費、光熱水費、旅費、居住用途に係る設備の導入、
                         消費税及び地方消費税 等
*設備の能力が既存設備の能力と比べて過剰とみなされるもの
 更新前の設備よりも仕様上能力の高い設備に強化する、更新前よりも台数を増やすなど、更新前の能力及び台数等を超えて
更新するものは原則、過剰と判断されます。

申請対象は、補助対象経費30万円以上の事業です

補助金交付要綱、様式など

〇補助金交付要綱、募集要領、募集案内リーフレット

 

〇様式類 

様式第1号 補助金交付申請書(第8条関係)(緊急対策枠)(エクセル:193KB)
1月29日  以下の紅項目を修正
申請チェックリストの「(申請添付書類)No.11」の文章のうち、
「~既存設備が指定の高効率設備であること」を「~更新設備が指定の高効率設備であること」に
修正しました。
※既に作成又は申請された方は読み替えてください。修正の必要はございません。
様式第1号(別紙)

(別紙)CO2削減量算定シート(エクセル:547KB)
1月16日  以下の項目を修正
空調GHPシートにおいて「1.削減結果」の「原油換算エネルギー使用量」が
電力のみの結果で、ガスの値が加味されていない問題を修正しました。

様式第4号 変更(廃止)承認申請書(第13条関係)(ワード:19KB)
様式第5号 事業変更届(第13条関係)(ワード:17KB)
  変更後の事業費内訳書(エクセル:69KB)
様式第7号 補助事業遂行状況報告書(第15条関係)(ワード:26KB)
様式第8号 実施状況報告書(エクセル:18KB)
様式第9号 遅延報告書(第15条関係)(ワード:25KB)
様式第10号 実績報告書(第16条関係)(緊急対策枠)※準備中
様式第12号 財産処分承認申請書(第23条関係)(ワード:26KB)

留意事項

(申請にあたっての注意事項)

  • 令和4年度募集の埼玉県民間事業者CO2排出削減設備導入補助金(緊急対策枠)の補助金を受給した者又は受給予定の者でないこと。
  • 令和5年度7月募集の埼玉県民間事業者CO2排出削減設備導入補助金(緊急対策枠)の補助金を受給した者又は受給予定の者でないこと。
  • 令和5年度募集の埼玉県民間事業者CO2排出削減設備導入補助金(CO2排出削減設備導入事業)の補助金を受給した者又は受給予定の者でないこと。
  • 同一の設備で、国等の補助金との併用はできません。
  • 同一事業所で、「埼玉県原材料価格高騰対策支援事業補助金」「省エネ型施設園芸産地育成緊急対策事業費補助金」との併用はできません。
  • 太陽光発電設備は蓄電池を設置することが必須です。
  • 能力増強に係る経費は補助対象外です。

(事業実施・実績報告に係る留意事項)

  • 補助金の交付決定前に補助対象事業に着手(工事発注、契約含む)してはならないものとします。
  • 実績報告書の提出期限は令和6年10月31日(木)です。
  • 実績報告までに「埼玉県環境SDGs取組宣言企業制度」宣言書の提出が必要です。
  • 実績報告までに、施工業者への支払いが必要です。(原則、金融機関による振込)

注記)補助対象者について

民間事業者(埼玉県内で1年以上事業活動を営んでいる法人及び個人事業主。ただし、会社*1にあっては、埼玉県中小企業振興基本条例(平成14年12月24日条例98号)第2条(別ウィンドウで開きます)の中小企業の規定に基づく中小企業者*2に限る。)
1会社とは会社法上の「会社」を指すものと解されています。
  また、下記の士業法人は、会社法の合名会社の規定を準用して実質的に会社形態をとっていると
  認められることから、中小企業基本法に規定する「会社」の範囲に含むものとして解しています。
  ※以下の「会社法上の会社等」及び「士業法人」以外の法人は上記制限はありません。

〇会社法上の会社等

  • 株式会社、合名会社、合資会社、合同会社
  • (特例)有限会社(会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律)


〇士業法人

  • 弁護士法に基づく弁護士法人
  • 公認会計士法に基づく監査法人
  • 税理士法に基づく税理士法人
  • 行政書士法に基づく行政書士法人
  • 司法書士法に基づく司法書士法人
  • 弁理士法に基づく特許業務法人
  • 社会保険労務士法に基づく社会保険労務士法人
  • 土地家屋調査士法に基づく土地家屋調査士法人


2中小企業基本法(昭和三十八年法律第百五十四号)第二条第一項に規定する中小企業者(別表参照)で、県内に事務所又は事業所を有する者をいう。

(別表)
・以下、表の「資本金の額又は出資の総額」、「常時使用する従業員の数」のいずれかを満たせば、中小企業者に該当します。

業種 中小企業者
(下記のいずれかを満たすこと)
小規模企業者
資本金の額又は
出資の総額
常時使用する
従業員の数
常時使用する
従業員の数
①製造業、建設業、運輸業
その他の業種(②~④を除く)
3億円以下 300人以下 20人以下
②卸売業 1億円以下 100人以下 5人以下
③サービス業 5000万円以下 100人以下 5人以下
④小売業 5000万円以下 50人以下 5人以下

※中小企業庁ホームページ  FAQ「中小企業の定義について」(別ウィンドウで開きます)より引用
※その他のご不明点についても、上記のリンクからご確認ください。

よくある質問

よくある質問(Q&A) (PDF:728KB) ※随時、更新を予定しています。

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 計画制度・排出量取引担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4777

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?