ページ番号:10069

掲載日:2021年3月30日

ここから本文です。

こんにゃく(秩父の農産物)

                                   

                                 秩父のこんにゃく畑                                   農家の手作りこんにゃく

秩父地域では古くからこんにゃくが栽培されており、秩父地域の特産品の一つになっています。
こんにゃくは「こんにゃくいも」を2~3年かけて栽培し、「こんにゃくいも」から作ったこんにゃく粉で作るのが一般的です。秩父では生の「こんにゃくいも」から作る「生ずりこんにゃく」を作って販売している農家もあります。生いもこんにゃくは独特の風味と舌触りがあり、一度食べるとやみつきになるおいしさです。
また、秩父市の浦山地区では生のこんにゃくを蒸した後に、さらに「うす」でついてこんにゃくにする「つきこんにゃく」が作られています。このこんにゃくは販売量が少なく「幻のこんにゃく」と言われています。見つけたら是非味わってみてください。

お問い合わせ

農林部 秩父農林振興センター  

郵便番号368-0034 埼玉県秩父市日野田町一丁目1番44号 埼玉県秩父農林振興センター

ファックス:0494-23-8369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?