掲載日:2019年6月1日

ここから本文です。

衝撃試験装置

 

機器番号 525
機器分類 評価試験機器
メーカー名 エア・ブラウン株式会社
型番等 SM-110-MP
装置概要 製品や部品に対して強い衝撃波を与え、衝撃に対する耐久性や信頼性を評価する試験装置。
主な仕様

発生波形:半波正弦波
衝撃加速度:20G~1,000G
衝撃作用時間:0.5msec~40msec
最大速度:10.2m/s
試料台寸法:約410mm×410mm

最大搭載重量:90kg(治具等を含む)

 

研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。簡単な説明を受ければ、利用できます

使用料(1時間当たり) 1,380円
関連資料
装置写真 衝撃試験機
備考

本機器は、平成29年度経済産業省補正予算事業「地域新成長産業創出促進事業補助金(地域における中小企業の生産性向上のための共同基盤事業)」により整備したものです。

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,460円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?