埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:218969

掲載日:2022年7月12日

令和4年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(八子朋弘議員)

新河岸川の渋井水門増設による南畑排水機場の運用について

Q   八子朋弘 議員(県民)

新河岸川の増水対策として、新河岸川と荒川を結んでいるびん沼川に水を流す渋井水門が1基から2基に増設される工事が間もなく完成する見込みです。本体工事が完成し、実際に大雨が降り、新河岸川が増水して2基の渋井水門が稼働した場合、びん沼川にこれまでの倍のスピードで新河岸川の水が流れ込んでくることになると思います。
令和元年東日本台風の際には、びん沼川の水が溢水したことから、周辺住民の皆さんは南畑排水機場の効果的な運用を求めております。南畑排水機場を管理する国土交通省との調整になると思いますが、びん沼川の水を荒川に排出する南畑排水機場の運用はどのようになっているのでしょうか、県土整備部長にお伺いいたします。

A   北田健夫 県土整備部長

新河岸川の洪水は、その一部を渋井水門から新河岸川放水路、びん沼調節池を経て、国が管理する南畑排水機場から荒川に排水する計画となっております。
平成29年の台風21号の大雨では、新河岸川本川の水位が高くなったことにより、支川の浸水被害が発生しました。
このため、県では本川の水位低下を目的に、新河岸川放水路へ洪水を確実に流せるよう、渋井水門の増設を行っております。
また、令和元年東日本台風を受けて実施したびん沼川の溢水対策工事は、渋井水門の増設にも対応しております。
本年5月には、水門本体が完成し、各既存施設が連携して機能を発揮できるようになりました。
南畑排水機場については、これまでと比べて運転時間や運転頻度に変化は生じるものの、現行の操作規則のままで運用できることを国と確認しております。
今後とも、国と連携して渋井水門と南畑排水機場の適切な運用を図り、流域の浸水被害の軽減に取り組んでまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?