埼玉県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:200720

掲載日:2021年7月9日

令和3年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(日下部伸三議員)

埼玉県・さいたま市・川越市・JR東日本・国土交通省の5者協議会の調査項目について
- 橋梁全体を複線仕様にした場合の建設費用の算出は調査項目に入っているのか -

Q   日下部伸三 議員(自民

先月、川越線荒川橋りょうの複線化仕様での架換えに関する調査業務の委託業者が、日本交通技術株式会社に決まりました。
まず、橋梁全体を複線仕様にした場合の建設費用の算出は調査項目に入っているのか伺います。

A 堀光敦史 企画財政部長

今年度、JR川越線荒川橋りょう複線化仕様に関する調査に当たっては、負担金を拠出していただきますさいたま市及び川越市とともに調査項目を整理し、調査を開始したところでございます。
調査項目につきましては、複線化仕様での橋りょうの形状、技術上及び工程上の課題の整理、さらには複数の事業手法やルート等について分析検討していくことを想定しております。
建設費用につきましては、通常、概略設計を行った上で初めて試算できるものでございまして、ルートも決定していないことから、今回の調査では詳細な金額の積算までは困難でございます。
そのため、今回の調査項目には建設費用の算出は入ってございません。
しかしながら、事業手法やルートについての分析検討には建設費用も重要な要素でございます。このため、他の設計事例での建設費用等を参考にしながら、案ごとの大まかなコスト比較を行うこととしてございます。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?