Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2017年7月12日

平成29年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(白土幸仁議員)

会之堀川流域の浸水対策

Q   白土幸仁議員(自民

県においては会之堀川等の河川整備を鋭意進めていただいておりますが、内水害の軽減には地元市の下水道などの整備との連携が重要となります。このことを踏まえて、地元春日部市はその浸水対策を推進するため、国において進めている時間雨量100ミリ安心プランへの登録に取り組んでいただいております。これは埼玉県で初めてのもので、春日部市が県と連携して積極的に浸水対策に取り組む強い意思を示したものと敬意を表するものであります。
そこで、浸水対策として会之堀川流域における時間雨量100ミリ安心プランの取組状況について、県土整備部長にお伺いいたします。

A 西成秀幸 県土整備部長

春日部市の「時間雨量100ミリ安心プラン」は、会之堀川流域の浸水対策として、県は会之堀川の改修を進め、市は下水道整備やハザードマップの作成などを行うこととしております。
このプランの取組状況でございますが、県では、会之堀川の未改修となっている新方川合流地点から会之堀橋下流までの750メートル区間の川幅を広げる工事を進めてまいりました。
この区間の工事が5月末に完了したことにより、会之堀川の全長4.5キロメートルの改修工事が完了いたしました。
また、市では、中央地区の雨水貯留施設の整備や会之堀川に流入する下水道である会之堀川第1幹線の整備を進めてまいりました。
平成28年度からは備後西ポンプ場の増設を進めており、平成30年の出水期までに完成する予定と伺っております。
今後県では、住民参加による自治会ごとのハザードマップの作成を支援するなど、地元市と連携して、会之堀川流域の浸水被害の軽減に努めてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?