Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月18日

種子生産の流れ

種子(たね)の生産について

主要農作物種子法に基づき、基本的な食糧であり、かつ基幹的な作物である主要農作物(稲、麦類及び大豆)について、原々種及び原種の種子生産が、都道府県に義務づけられています。

種子の生産は三段階のステップで行われています。
三段階で行われる理由は、遺伝的な純度(ほかの品種が混入しない)を守りつつ、必要な種子の量を確保するためです。

原々種の生産

原々種の生産は、埼玉県農業技術研究センターで行われています。

原々種は、種子生産の大元になるため、他の品種が混ざらないよう遺伝的な純度を高く維持する必要があります。

 

原種の生産

原種の生産は、埼玉県種苗センターに委託して行われています。

原種は、他の品種が混ざらないよう遺伝的な純度を高くするほか、次のステップである種子生産に必要な量を確保する必要があります。

 

種子の生産

種子の生産は、県内の種子生産農家の、埼玉県が指定したほ場(田んぼ・畑)で行われています。

異種株異形株抜き写真

種子生産ほ場では、万が一他の品種が混ざらないよう、他の株と明らかに様子が異なる株を抜く作業が行われます。

 

採種ほ収穫期写真

種になる穂が実りました。

 

審査写真 発芽率調査

収穫された後には、審査と検査を受けることになります。

ここでは規格にあった種子かどうか、きちんと発芽するかどうか等について、確認されます。

 

合格種子写真

審査に合格した種子には審査証明書が付けられ、生産者に供給されることになります。

お問い合わせ

農林部 生産振興課 主穀担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4145

ファックス:048-830-4843

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?