トップページ > しごと・産業 > 農業 > 経営支援 > 「農業版」事業継続計画(BCP)について

ページ番号:202456

掲載日:2021年10月27日

ここから本文です。

「農業版」事業継続計画(BCP)について

事業継続計画(BCP)とは

 事業継続計画(BCP:BusinessContinuityPlanの略)とは、自然災害などの緊急事態に遭遇した場合おいて、事業資産の損害を最小限にとどめ、中核事業継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のため方法、手段などをあらかじめ取り決めておく計画 のことです。

「農業版」事業継続計画(BCP)の策定

 大規模自然災害の頻発や新型コロナウイルス感染症拡大を契機に、農業経営におけるリスクマネジメントとして事業継続計画(BCP)への農業者の関心が高まっています。農業経営の安定化・強靭化を目指すために、事業継続計画(BCP)を策定し、自然災害や感染症の拡大などの不測の事態に備えましょう。

事業継続計画(BCP)の策定した事例紹介

 埼玉県では、令和3年度に事業継続計画(BCP)のモデルを経営類型別に策定し、当ホームページにおいて随時公開します。策定の参考としてご活用ください。

経営類型(※) 経営品目 想定災害 地域 BCPの事例
主穀 水稲、麦 台風、豪雨 さいたま・県央地域 事例(PDF:195KB)
主穀 水稲、麦 台風、豪雨 利根地域 事例(PDF:421KB)
野菜 施設(きゅうり) 感染症等 さいたま・県央地域 事例(PDF:220KB)
野菜 施設(いちご) 大雪 秩父地域 事例(PDF:264KB)
野菜 施設(ほうれんそう) 台風、豪雨、感染症等 さいたま・県央地域 事例(PDF:405KB)
野菜 露地(ねぎ、ブロッコリー等) 台風、豪雨 北部地域 事例(PDF:155KB)
野菜 露地(ねぎ) 台風、豪雨 北部地域 事例(PDF:162KB)
野菜 施設(トマト)・露地(ブロッコリー) 台風、豪雨 北部地域 事例(PDF:176KB)
花き 花苗 感染症等 さいたま・県央地域 事例(PDF:205KB)
畜産 策定中
策定中
果樹 策定中

※畜産、茶、果樹については策定中ですので、随時公開します。

「農業版」事業継続計画(BCP)策定に役立つ参考情報

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 経営体支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?