トップページ > くらし・環境 > ペット・動物 > 動物愛護 > 動物愛護・ペット > 犬猫のマイクロチップ装着等の義務化について

ページ番号:214612

掲載日:2022年6月1日

ここから本文です。

犬猫のマイクロチップ装着等の義務化について

犬や猫へのマイクロチップ装着や飼い主情報の登録が、令和4年6月1日から義務化されました。

マイクロチップとは

マイクロチップは、直径約2mm×約13mm程度の小さなガラス製の円筒形電子名札です。マイクロチップ

それぞれのチップの中には、世界でただ一つの個体番号(ID番号)が記録されています。

マイクロチップについては、下記のページでも紹介しています。

マイクロチップを御存じですか?

マイクロチップ装着の義務化

犬猫のブリーダーやペットショップといった犬猫等販売業者は、犬又は猫を取得した日(生後90日以内の犬又は猫の場合は、生後90日を経過した日)から30日以内(その日までに譲渡しする場合は、譲渡しの日まで)に犬猫にマイクロチップを装着することが義務付けられます。マイクロチップが装着された犬のイラスト

犬猫等販売業者以外の犬又は猫の飼い主のかたについては、飼っている犬猫のマイクロチップ装着は努力義務となります。

マイクロチップ登録の義務化

犬猫等販売業者は、販売する犬や猫にマイクロチップを装着した際、犬や猫の性別や品種、毛色等を環境省の指定登録機関(公益社団法人日本獣医師会)のデータベースに登録することが義務づけられます。

令和4年6月1日以降、新たに飼い主になる際には、ブリーダーやペットショップ等で購入した犬や猫にはマイクロチップが装着されており、新たな飼い主の情報に変更する登録が義務となります。また、動物愛護団体など、他者から犬や猫を譲り受けてからマイクロチップを装着した場合には、飼い主情報の新規登録が義務となります。

情報登録の方法

飼い主の情報登録は、パソコンやスマートフォンを使って、下記のサイトからオンラインで申請することができます。

登録申請の際には、手数料とマイクロチップ装着時に獣医師が発行した装着証明書が必要です。

犬と猫のマイクロチップ情報登録サイトオンライン申請のイメージイラスト

 

オンライン以外に郵送でも申請できますが、申請方法によって手数料が異なります。

(オンライン申請は300円、郵送は1,000円)

登録情報の移行について

令和4年6月1日より以前からマイクロチップが装着された犬や猫を飼養しており、すでに各民間事業者が実施しているマイクロチップ登録制度に登録している方で、環境省のデータベースへの登録を希望される場合は、令和4年5月31日まで、下記のサイトから移行登録ができます。移行登録に手数料はかかりません。

犬と猫のマイクロチップ情報登録 環境省データベースへの移行登録受付サイト

 

令和4年6月1日より以前から公益社団法人日本獣医師会が民間事業として実施しているマイクロチップ登録制度(AIPO)は、今回の義務化における指定登録機関としてのデータベースとは異なりますので、ご注意ください。

お問い合わせ

保健医療部 生活衛生課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-824-2194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?