ページ番号:6145

掲載日:2022年3月17日

ここから本文です。

子供をねらった不審者対策

県内では「子供に対する声かけ事案」が連日のように発生しています。

子供に対する声かけ事案とは、18歳以下の者に対して「声をかける」「手を引く」「後をつける」などの行為をいい、その行為自体は犯罪行為に至りませんが、犯罪の前兆と捉えられるものです。

主な手口や特徴

  • 「欲しいものを買ってあげる」など、金品で誘う。
  • 「○○はどこにある?」など、道聞きを装う。
  • 車両や徒歩で後をつけたり、追いかけたりする。
  • デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンで容姿を撮影する。

事案の傾向

  • 被害者の約7割が小中学生です。
  • 被害者の約7割が女子学生です。
  • 発生時間は約5割が15時から17時の下校時間帯です。
  • 発生場所は約7割が路上です。
  • 被害の約7割が子供が一人でいる時に発生しています。

※くわしくは埼玉県警察本部ホームページ「子供に対する声かけ事案等」をご覧ください。

被害を防ぐためには

  • 防犯ブザーをすぐに使える状態で持ち歩く。
  • 道を尋ねられても不用意に近づかず、家族以外の車には絶対に乗らない。
  • 商業施設のトイレや屋外の公共トイレを子供に使用させる時は、大人が安全を確認してから使用させる。
  • マンションなどのエレベーターに乗る時は、「周囲に不審者がいないか確認する」「知らない人とはなるべく二人では乗らない」「非常ベルをすぐに押せる位置に立つ」ようにする。
  • 一人で留守番をする時は、玄関や窓の鍵を必ずかけ、大人がいないことを知らない人に言わない。

あなたを守る「5つの約束」

  1. ひとりにならない!
  2. ひとりでいる時は、人通りが多い道やお店がある道を歩く
  3. 知らない人について行かない!(※)
  4. 大きな声で助けを呼ぶ!
  5. 出かける時は、「だれと・どこで・何時まで」出かけるのかを家族に伝える

※ たとえ知っている人でも、家族にだまってついていかないようにする。

「いざ」という時にとっさに対応できるよう、子供に繰り返し指導しましょう。

驚いているコバトン

具体的な対処法の例

車からの声かけ

  • 車の中から話しかけられても、近づいてはいけません。
  • 危ないと思ったら、車の進行方向と逆に逃げましょう。 

家族が留守の家での対応

  • 家に入る前に、不審な人が周りにいないか確認しましょう。家に誰もいなくても、「ただいま」と言いながら入りましょう。
  • 留守番していて訪問者が来たときは、玄関を開ける前に、ドアスコープやインターホンで相手を確認しましょう。知らない人であれば玄関を開けてはいけません。場合によっては居留守を使います。大人がいないことを知らない人に言ってはいけません。

エレベーター内での対応

  • 知らない人と二人だけで乗ったときは、近くの階で降りましょう。
  • エレベーターホール等に不審な人がいないか周囲を確認しましょう。
  • エレベーターは、非常ベルや各階のボタンを押せる位置に乗りましょう。

「110番」のかけ方ご存知ですか?

  • 110番は、犯罪や事故等に遭ったとき、警察に緊急通報するための電話です。
  • 使い方を理解していざという時に通報できるようにしましょう。
  • くわしくは埼玉県警察本部ホームページ「110番の利用方法」をご覧ください。
  • 公衆電話の設置場所はNTT東日本「公衆電話_設置場所検索」で確認できます。

指示棒で左上を指しているコバトン

埼玉県警察本部ホームページ「子ども・女性・高齢者の安全」にも犯罪防止に役立つ情報を掲載しています。

是非、ご覧ください。

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 防犯・犯罪被害者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?