ページ番号:213351

掲載日:2022年3月17日

ここから本文です。

女性をねらった犯罪対策

路上や住宅での性犯罪被害や電車内での痴漢被害、階段やエスカレーターでの盗撮被害など、身近な日常生活の中で被害が発生しています。

被害を防ぐためには

路上では

  • スマートフォンや携帯電話の操作、音楽を聞きながら歩く「ながら歩き」はやめましょう。
  • 夜間は人通りの多い、明るい道を通りましょう。時々、後ろを振り返るなど周囲を警戒しましょう。
  • 階段やエスカレーターでは、後ろを確認し、バッグなどでスカートを押さえて盗撮されないようにガードしましょう。
  • 深夜の独り歩きは避け、タクシー等を利用しましょう。
  • 防犯ブザーを外から見えやすく、すぐに使えるところにつけましょう。
  • 見知らぬ人から声をかけられたら、相手と距離をとりましょう。

自宅では

  • 在宅中も玄関の戸締りをしておきましょう。
  • 就寝前は、ドアや窓は完全に施錠しましょう。
  • 玄関ドアの鍵や車両の鍵を開けた瞬間に、後ろから室内や車内に押し込まれる事案も発生しています。玄関ドアや車両の鍵を開ける前に、不審者がいないか周囲を確認しましょう。
  • 宅配便や点検等を装って、室内に入り込まれる事案が発生しています。来訪者の対応は、インターホンやドアチェーン等を活用し、用件や身分を確認しましょう。

電車では

  • 被害にあったら、犯人をにらむ、声を出す、手をはらうなど、「イヤ」という意思表示をしましょう。
  • 110番通報、駅員を呼ぶ、周囲の協力を求めるなどして複数人で対応するようにしましょう。
  • 防犯ブザーを活用しましょう。

※埼玉県アプリ「ポケットブックまいたま」では、防犯ブザーや痴漢撃退ライトが使えます。

女性をねらった犯罪

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 防犯・犯罪被害者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?