ページ番号:213323

掲載日:2022年3月17日

ここから本文です。

ひったくり対策

主な手口や特徴

  • オートバイや自転車に乗った犯人が、追い抜きながらバッグをひったくって逃走する手口が発生しています。
  • 金融機関から出てきた人の後をつけて狙う例もあります。
  • ひったくりの被害者の約9割が女性です。

被害を防ぐためには

  • 自転車のかごにはひったくり防止カバーを正しく取り付けましょう。
  • 自転車のハンドルにバッグの持ち手をかけると、ひったくられた時に転倒してケガをすることにもなりかねないので、やめましょう。
  • バッグは常に車道と反対側に持つ習慣をつけましょう。
  • 防犯ブザーを持ち歩き、見えやすいところにつけましょう。
  • 人通りの多い明るい道を歩きましょう。人通りの少ない道や深夜・早朝など、人目がなくなる場所や時間帯は、特に注意が必要です。
  • 金融機関やATMの帰り道は注意しましょう。犯人は近くで様子を見ている場合があります。
  • 多額の現金を持ち歩く必要がある場合は、複数人で行動したり、自動車を利用しましょう。
  • 音楽を聴きながらやスマートフォン・携帯電話を操作しながらの歩行は、周囲への注意力が散漫になるのでやめましょう。

※「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」により、自転車利用者はひったくり防止カバーの装着に努めることになっています。

カバンをひったくられているコバトンのイラスト

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 防犯・犯罪被害者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?