ページ番号:213337

掲載日:2022年3月17日

ここから本文です。

住宅対象侵入窃盗対策

主な手口や特徴

  • 主な手口は、「空き巣」、「忍込み」、「居空き」です。
  • 空き巣…家人が不在の住宅に侵入する
  • 忍込み…家人が就寝した頃を見計らって侵入する
  • 居空き…家人が在宅中、昼寝や食事をしている隙に侵入する
  • 空き巣が約3割です。
  • 侵入場所は約6割が窓からです。
  • 侵入場所の約5割が施錠していない玄関や窓です。
  • 現金のほか、貴金属やパソコンなどの換金可能なもの、健康保険証やパスポートなども狙われます。
  • 被害にあうと、大切な財産を失うだけでなく、精神的にも「見知らぬ者が自宅に侵入した」という大きなショックを受けることになります。

狙われやすい住宅・環境

  1. 道路から見えにくい位置に出入り口や窓がある。
  2. 高い塀や植木などにより道路からの死角が多い。
  3. 公園や駐車場など、誰もが自由に出入りできる場所に面している。
  4. 道路と敷地に仕切りがなく、容易に敷地内に入れる。
  5. 住宅のベランダが、塀などから近く、2階に容易に上がれる。
  6. 敷地内に2階への足場となる脚立などが見える場所に置かれている。
  7. ご近所づきあいがない。
  8. 夜間になっても洗濯物が干したままで不在だと分かる状況にある。

被害を防ぐためには

1 侵入を防ぐために

  • 在宅時・不在時を問わず、ドアや窓の鍵をきちんとかけましょう。
  • ゴミ出しなどのわずかな時間でも鍵をかけましょう。
  • ひとつのドアや窓に補助錠など鍵をふたつ以上取り付けましょう(ワンドア・ツーロック)。
  • 窓は、防犯ガラスにするか、防犯フィルムを貼り付けたり、頑丈な面格子を取り付けたりしましょう。
  • 防犯カメラ、防犯アラーム、センサーライト等を利用しましょう。
  • エアコンの室外機など侵入の足がかりとなる部分には、フラワーポットを置くなどの工夫をしましょう。
  • 家の周囲の整理整頓に努め、侵入の足がかりとなるもの(空き箱など)を放置しないようにしましょう。
  • 庭に防犯砂利を敷くと、歩くたびに音が出るので、防犯に効果的です。

2 留守と分からないようにするために

  • 外出時は、明かりをつけておくか、電源タイマーを利用しましょう。
  • 旅行などの時は、新聞や郵便物を止めてもらいましょう。

3 周囲からの見通しの改善を

  • 泥棒が身を隠せないよう、塀や植栽などは見通しがきくように工夫しましょう。

4 貴重品の保管に工夫を

  • 多額の現金を家に置かないようにしましょう。
  • 通帳や貴金属などだけでなく、マイナンバーカード、パスポートや健康保険証なども保管場所を工夫しましょう。

5 近隣との連携を

  • ご近所同士、挨拶をしましょう。
  • 旅行などの時は、ご近所に声をかけて出かけましょう。

防犯に強いカギを推奨するコバトン

→ 身近な犯罪対策については、埼玉県警察本部ホームページ(ホーム>暮らしの安全)も併せてご覧ください。

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 防犯・犯罪被害者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?